» ArchiveListHome > 日記 > Page.65
<< <... 62 63 64 65

1999年02月07日

明日休みのつもりでのんびりしていたら写真撮影の為に学校にいかなければならないことを夜中の2時に友達から聞く。危ない危ない。すっぽかすとこだった。

友達にすすめられた山岸涼子の「甕のぞきの色」という漫画を買ってみた。

「恐い本」と聞いていたので楽しみに読んでみたけど全然恐くはなかった。けど気に入る。

6作の中に不思議な話、昔話、幽霊話などの逸話。それに対する登場人物のイロイロな解釈・生き方など妙に説得力があった。なんだか芥川竜之介の本が読んでみたくなった。(みたくなっただけ・・。)

1999年02月06日

今日は夕方までぐっすり寝ました。
やっぱり見てしまいます、「家政婦は見た!」。
毎回おんなじパターンだとわかっていても・・・・・つい。
しかも放送してんのを見た瞬間、「ラッキー!」とか思います。

というわけで先日、「汁」にて

先着1名の方にオレの温泉土産をプレゼント!!太っ腹!オレ=腹太!<ブタ?
何を買ってくるかは、当日温泉地に行ってから決めるぜ!
皆、どしどしメールで応募してくれ。さあ、今すぐメールミー!

温泉好きの私は早速メールを出しました。それが大当たり。
「へ、変な木彫りの人形とか来たらどうしよう」とワクワク。

そして遂にまんねんさんからのお土産が昨日届きました。
なかみは・・・・!!
●ゲームボーイの赤(紫と交換してもらった)
●わさびそば(緑色の辛そうなそば)
●縁結びのお守り(赤と白でかわいらしい)
●秘密の本

念願のGBの赤!!くるるん、シュタ。
そばだソバ。緑色だぁ!!
縁結びのお守りは赤を嶽に持たせました。
私は白を持っています。これでワシら一心同体や。
ベーシックなお土産でほっとしたような、したような。
秘密の本はホントに悪気のないカワイイいたずら本って感じでした。

1999年02月05日

今日はロデム・Mさんからステキな荷物が届きました。これについては明日書きます。

徹夜しました。・・・・体がだるいです。終わりませんでした。
それでも一応先生に見せました。

「紙が薄い。紙を選び直しましょう。」

つまり作り直しです。うああ!!

1999年02月03日

今日は死ぬほど寒いです。買い出しに行かなくては。

うそー!!一番重要な画材を買い忘れた!!ショック!

泣いちゃいそう。

うそー!!新婚旅行は東京でオフ会!?ショック!!

冗談でも2度と言うナよ。

ということでせっぱ詰まってます。

1999年02月02日

大変だア。卒業制作を金曜日まで仕上げろとの先生からの御達しが!

2日しかないやん。終わるかな。いや、終わらせねば・・・・

まだ私の場合、家にパソコンあるから印刷も容易だけれど、持っていない人は学校までパソコンしに出てきます。(夕方5時までしか出来ない)

その上カラープリンタが学校に無いので出力屋に走ります。出力屋での印刷は高いので間違いは許されません。今回の卒業制作はB全版ですが、出力代は1枚1万くらい。

そのせいか手書きにする人が多い。うちの学校はどうして設備にお金かけないんだろう。ケチケチ!

でも、先生が学校の周りを一人でせっせと掃除している姿をみるとそんな不満も一気に吹き飛んでしまった。

1999年02月01日

今日は朝から学校主催の学生展示の受付だった。
パルプなど紙を扱っている会社の一角をただで借りたらしい。
猫の額ほどのあまり広くない部屋にごちゃごちゃ置いてある作品、そして受け付け一人。
うちの学校の九州校と東京校の生徒の作品が並ぶ。
ちなみに私達の作品はグループで作った。
大きめの立方体の箱10個をつなげてイロイロ組み合わせるパズル。

のはずだけど、東京校の作品置き場になってる・・。そりゃぁ、丁度良い高さだけどサ・・。

パズルなんだよ。

しかも朝だから誰も来ない。ますますやる気がなくなる。東京校ってエレベーターあるんだっけ。別にエレベーターつけてくれとは言わないけどさぁ・・。

うちの九州校の設備の悪さは東京校の陰謀ではないだろうか・・。(ヤツアタリ)

交代まで2時間もあると思うと気が重い。とか思いながらも客が来ると思いっきりスマイル。記念品なんか差し上げたりして・・。

結局、2時間で4人来た。

1999年01月31日

ギンガマンを見た。
感動のクライマックス!!
仲間の大木(モーク)が豆になった。
風のような展開の速さに面食らった。
後が詰まってますか?
ピンクの綺麗なおみ足が気になって仕方ないのは私だけ?

小説「死国」を買った。楽しみだ。

1999年01月30日

思った事をここに書きとめよう、のコーナー。このろくでもない自分の為に。少しは私のすっ呆けた性格もマシになるかしら。

ところでもうすぐ卒業。今、卒業制作の作品をみんな一生懸命描いている。提出日は2/18。あと一月をきってしまった。

ポスターなどはB全版3枚ぐらいの量を仕上げなければならない。
私は「パッケージデザイン」のゼミを選んだので絵は描かない。
外国人向け和風雑貨のお土産のパッケージである。一通り試作品を作っただけで満足して作業が止まる。あーあ。

最近見付けたページで懐かしい気分になる。京都、懐かしいな。高校の時の修学旅行で行ったなぁ。初日に寝坊して駅の「わすれもの室」で母と次の電車待ってたっけ。鈍行列車に乗った皆の後を追うべく、1人快速列車に乗り、皆を追い越して30分早く目的地に着いちゃったっけ。

京都の街ではじめに目をひいたもの。映画の看板。「スゴイ、手書きだ!」上手いのから似てないのまで色々あった。今まで印刷モノしか見た事無かったのでとても珍しかった。写真とは違った異様な迫力にビックリ。

そして数年後に見付けたこのページ。まさかこんな所でお目にかかれるとは。インタネってスゴイなぁ。

1999年01月01日

まみりんですけど

※私の歴史

鹿児島県生まれ。生粋の薩摩おごじょ。健康的な艶のある小麦色の肌で目は大きく、唇は厚く、海でよく泳いだせいか体は少し筋肉質で牛を50頭ほど気絶させられる、そんな体に憧れる。

第一印象はおとなしくやさしい性格。一方、家では旦那に鬼嫁と呼ばれる。

幼稚園から日本舞踊、エレクトーン、公文を習い始める。

小学校一年生の時、パーマン5号としてバードマンと通信経験有。田舎で平和だったせいか5号の出番は一度もなかった。

小学校二年の工作で先生の気をひく為に「お金のお化け」の仮装をする。お札のコピー紙をたくさんばらまいて先生に拾わせて喜ぶ。

小学校四年の時、隣町の学校に転校。「かていのじじょう」という難しい言葉を覚える。転校早々いきなり投票多数で学級委員長にされる。

中学のときにTHE BOOMにハマル。密かに気に入っていた男子が何時の間にか親友の彼氏に。

高校時代、再放送大好きの帰宅部。ホラーまんが・必殺仕事人にはまり、彼氏できず。 彼氏が出来ないので、ホラーまんが・必殺仕事人にはまったともいう。

短大時代に今の旦那と出会う。なんとなく結婚。

100の質問も作ったのでヨロシク↓





※まみごやのコンテンツ

会社では自分の作りたいものが作れないので、そのうっぷんをここのサイトで晴らしています。

あとダーリンが喜ぶから。故に日々の日記はダーリンへのメッセージでもあり、まみごやは夫婦の憩いの場でもあるのです。そしてそんな私をいつか王子様が迎えに来てくれると信じて頑張って続けていきます。



※まみごやのバナー

好きに使ってください!







<< <... 62 63 64 65
▲ Page Top