Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > ねこ
1 2 3 4 5 6 7 > >>


映画として見ると割としっかりとした作りでちゃんとドラマになってました。冒頭から暗いリストラシーンになってて、一瞬自分は猫映画を見てるんだろうかって気になるくらいに。主人公が自宅で猫を飼えずにいるのでドラマが始まるわけですが、そのせいで五分おきにまみりんが「なんで自宅で飼わないの」って言いまくりです。自宅で飼ったら5分でスタッフロールだしねぇとは思うものの、ドラマ重視のせいで必然性の無いこねこシーンが用意されてないから、出番が意外と少なかったのが残念。

とはいえ出番は少ないんですが、こねこの可愛さはピカイチでした。最初の登場シーンでまみりんが本当にハァハァし始めるし、見終わった後にまみりんが「わたし、がんばってこねこ産むよ!」って言い出すし、余りの可愛さに出演者の方が本当に自宅に連れて帰って飼い始めてる*1し。

幾ら可愛いとはいえ、やっぱり何らかの工夫で出番を増やしてもらいたかったですね。たとえば常にこねこを画面に出してて、ドラマは音声だけにしておくとか。二画面にして、右隅にドラマ出して残りは全部こねこ表示させるとか。劇中に出てきたロボットをDVDで使って、こねこの画像をとにかく常に出すとか。

ここまで考えてたら、まみりんが一言。

「だったらこねこだけ出てくるDVD借りてくれば良かったんじゃない?」

なんとなく思い出しました。まみりんの妹さんが以前は占い好きだったのに、ある日まみりんに「自分以外の星座のページも見てみたら、どれも当たってる気分になるんじゃないの?」って言った翌日から妹さんが占い本を見なくなった時のことを。
  • 注1 : 現在のトラちゃんの様子はこちらで見れます。
猫の日っぽい更新時間になってるのに何人気づいてくれるかな?

赤ちゃん用に買ってきたゆりかごは、ジジのものになってしまったそうです。
ジジが何かを狙っています

まみりんが窓を開けてジジを逃がそうかと言ってたのは、あながち間違ってなかったのかもしれません。
とある動物番組が猫特集と聞いて予約録画してみたところ、60分全部が猫ってわけじゃなくて、内訳が猫20分、犬20分、アザラシ20分という有様だったので微妙な表情になってしまったものの、それはそれとしてこのこねこが可愛すぎたので許す。



おばちゃんが居ないときに降りられなくなったらどうするんでしょうか。下を見ながらおそるおそる降りてきたら更にかわいいかも。もしくは他のこねこ達が下に集まってきてこねこトランポリン。
にゃんこ THE MOVIE [DVD]
にゃんこ THE MOVIE [DVD]

ポニーキャニオン
DVD
2006-07-22



66分の中に、17匹のねこが紹介されてます。少しだけシリアスなシーンもありますが、ほのぼのドキュメンタリーっぽい感じで家族で見ても大丈夫な内容でした。

こねこが全く出てこないのが残念でしたが、けっこうほどよくでっぷりとしたねこが多めに出演してて、なんか微笑ましくてよかったかも。余韻に浸ってるとまみりんがきいてきました。

「ダーリンはどのねこがすき?」

「えさをくれくれポーズするアメショの子かな」

するとまみりんはくれくれポーズをしながら「カネクレ、カネクレ」と言うのでした。今度からまみりんと一緒に映画を見るのはやめようと思います。
福岡市周辺の方は殆ど知ってると思いますが、天神ダイエーから南に信号を渡ったところに、土日祝限定でねこ屋が開店してたりします。ホームレスかどうか微妙ななりわいのじいさんが、独特のボキャブラリーを駆使してねこを売ってます。

血統書?

「ヘヤ?」とか「母親が血統書つきって……」とか「エサ代?(じいさんの?)」とかツッコミどころ満載ですが、これでも「アメシオ」とか書いてないだけ以前よりマシだったりします。

アメショ?

柄的にアメショ?って感じもしますが、それはそれとして可愛かったです。早く猫の飼える家に引っ越して、可愛いこねこ飼いたい。
http://seibun.nosv.org/neko/

キーワードを入力すると、それを分析してねこ画像を表示してくれるという素晴らしいサービスです。とりあえずやってみました。

「嶽花」のにゃんにゃん分析結果



「→C↓C←C↑C」のにゃんにゃん分析結果



「まみりん」のにゃんにゃん分析結果



「まみごや」のにゃんにゃん分析結果



個人的にはキジネコが大好きなので感無量です。というか、これってチンチラとか表示されないんでしょうか。そういう知的好奇心を胸にいろいろキーワードを入力していきたいと思います。「ちんぽ」とか「ちんぽこ」とか。
http://nya-n.a-thera.jp/

※発見した経緯

サミットに行く途中で、道端で男の子がひざにねこを乗っけているのを発見。珍しくデジカメを手元に持ってたというのに、サミットに間に合わなくなるからと思って断念。

帰り道に見てみましたが、やはりいません。いたらいたで怖いけど。

中途半端にねこを見たせいで、ねこ欲が足りなくなってきた。

ねこ情報の確認。*1

ベルトコンベアで流れてくる猫を仕分けるバイトだと?!

「伝説の箱詰め師の仕事」の画像を02にて光速で保存

01にて猫キャバクラという表記を発見。

ググる。

本当は猫の時間が正解だったらしいが、先にネコキャバではないを発見。

動画に悶える。

まとめ。今日もいい一日でした。花粉症さえなければ。
http://lovefami.blog90.fc2.com/blog-entry-13.html

その昔こねこをゲームキューブの上に乗せてみた俺としては、この写真に惹かれないことがあろうか、いやあるまい(反語)。

しかしこのねこちゃんはXbox360でどんなゲームを楽しんでるんでしょうか。乳バレー2とかアイマスとかだったらどうしよう。それはそれとして、こうなったら俺もやってみるしかないですね。そのうち。

俺、ねこを飼えるようになったら Wii リモコンを持たせるんだ……*1(死亡フラグが立ちました)


図書館に生まれたてのこねこが迷い込んできて、にーにーとないてました。まだ目が開いてなくて、お母さんとはぐれちゃったんでしょうか。頭を撫でるとなきやみますが、手を離すとにーにーにー。

どうしようかと悩んでたら(なにを?)、近くの女性が友達に電話して引き取ってもらってました。雰囲気からして何匹も猫を飼われてる方みたい。図書館にいた男の子なので「ほんたろう」と名づけられてだっこされたこねこは、もうにーにーなかずにぐっすり寝てました。かわいかったなー。
1 2 3 4 5 6 7 > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM