Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
1 2 3 > >>
WiiUの発売前に、シロとクロのどちらを買うか相当悩んだのですが、最近まではゲームキューブ(以下GCと略)の作品をWiiとGCのどちらで遊ぶべきか相当悩んでいました。

同じようなデザインの本体を二個持ってても仕方ないって気もしていたんですが、GCだと接続ケーブルがWiiのと違うので(N64やSFCとは互換性あり)、D端子ケーブルを別途買う必要があります。とはいえ、GCのD端子ケーブルは一万円くらいと高額なのです。

とりあえずGCのS端子ケーブルなら千円程度と安価だし、実家に送る予定のN64でも使えるから、と思って試しに買って久々にF-ZERO・Xを起動して遊んでみたんですが、画質の差に愕然としました。

昔はS端子で十分キレイだと思っていたのに、D端子に慣れすぎてしまったんだろうか?と思いましたが、よく考えたらGC時代は25インチのスクエアタイプのブラウン管テレビで、Wii時代には32インチのワイドブラウン管テレビだったからでしょう。スクエアタイプだとほどよく画素が圧縮された感じでキレイに見えてたんじゃないでしょうか。

今回、比較のためにキャプチャボードではなく、デジカメでそれぞれの画面を撮影してみました。簡易的なデジカメ台は使ったんですが、あまり角度とか揃ってない画像になってしまったんで、あくまで参考程度にごらんください。


今更という感じはしますが、Wii でゲームキューブのソフトを使うのならワイヤレスがいいんじゃないか、ってことで買ってきました。値段も高めで、振動もなく、ほんの少し大きめ、という点はあるものの、それでもワイヤレスという点がかなり便利なので些細な不満は帳消しですね。あれだけ Wii のゲームやってたというのに、コードがないってのがこれだけ快適だと今更気づいて驚いてみたり。

なお単三電池二本を使います。つまり Wii リモコンと同じタイプの電池ですね。そういうわけで、単三の充電池を買っておくのがいいでしょう。電池を使うって割には思ってたほど重くもないし、手に持った時にしっくりくるので気にならなくて、いい感じです。

というわけで、Wii を買ってゲームキューブの粒そろいの名作を楽しもうって方は、買っておいた方が快適だと思います。もうコード付きのコントローラーには戻れる気がしません。


Wii を購入してプレイするゲームがないなぁ、という方には少数ながらも粒ぞろいなゲームキューブの名作の数々を手にしていただきたいところですが、その中でも特にオススメしておきたいのが本作ですね。

カードバトルのRPGということで難しそうだから手を出さない人もいるでしょうけれど、そう大して複雑なわけでもないので*1、少し変わったシステムのRPGくらいに思って気軽にやってみてもらいたいところです。

絵画のような美しさのあるグラフィック、爽快感のあるバトル、名曲ぞろいの音楽、などなどアピールすべき点はいくつもあると思いますが、個人的に一番おすすめしておきたいのはストーリー展開ですね。前作での中盤以降の怒涛の展開にかなり驚いたので、今回はあまり過度の期待はしないでプレイしてみたのですが、前作に負けず劣らず凄い展開で驚かされました。



かなり大好きな作品なのですが、残念ながら初期バージョンだと致命的なバグが存在していて、プレイの仕方によっては最初からやり直さなければならないようです。どんなバグがあるか知るのもネタばれになりそうですので、個人的にアドバイスをしておきます。

セーブデータは常に複数用意しておき、イベントが大きく節目を迎えたら別途データを新規で作って備えておく。例えばディスク2変更後にすぐセーブするなら、それ以前のデータをしっかり用意しておく。これさえ守ってれば大丈夫だとは思いますが、余裕があれば修正版に変えてもらったほうが精神的にいい気もします。

初回版(バグ有り)
206B0902 DOL-GK4J-0-01 JPN S0(ディスク1)
206B0903 DOL-GK4J-1-01 JPN S0(ディスク2)

修正版
206D2502 DOL-GK4J-0-02 JPN S0(ディスク1)
206D2503 DOL-GK4J-1-02 JPN S0(ディスク2)


シリーズ未経験者の方は1と2、どっちから始めるべきか悩ましいところでしょう。2は1の20年くらい前の時代のストーリーですので、2から始めて1をプレイしてもいいんですが、いかんせんシステム的に1の方が戦闘などがもっさりした印象がありますので、ここは敢えて1を先にプレイしはじめ、その間に2の修正版を交換してもらっておく、というプレイスタイルはどうでしょうか。2は昔の話だから1の後からだと楽しみにくい、ということも全くありませんし、ちょうど1をクリアするころに2が届くでしょうし。

ゲームキューブという低年齢向けの市場で大人向けの作品として発売されたため、売り上げ的には芳しくなかったようですが、パブリッシャーの任天堂としては作品的評価が高かったのでしょう、珍しく開発会社をM&Aしてますね。バテンカイトスの直接的な続編とはいかなくても、モノリスソフト社の高品質な作品がまた任天堂ハードでプレイできそうで、今から楽しみです。
  • 注1 : 難しくないのはいいんですが、奥深さがそんなに無い気もしました。カルドセプトみたいなカードによるさまざまな戦略、といったところまではなく、カードの数値的な強さや属性に違いがあるような感じだったのが少し残念といえば残念かも。
大玉 特典 「秀爺の書」付き
大玉 特典 「秀爺の書」付き

任天堂
NINTENDO GAMECUBE
2006-04-13



諸事情により買ってから30分ほどしかプレイしてないんですが、今の時代にここまでゲームで驚くことがあろうとは。何というか、存在自体が異質すぎ。だいたいジャンルからして「人海戦術落城アクション」って歌舞伎すぎにもほどがあります。壁紙ダウンロードページを見てどんなゲームか分かる人はいるんだろうか。

実はメインはピンボールで、玉の重量感や爽快感がなかなかのものでかなりその点は気に入ってるんですが、そんな目的で買おうとする人はいないでしょう。なんというか、このシュールさ加減に惹かれちゃいました。ゲーム始める前のセーブ音だけで笑わせてくれる存在ってなかなか無いと思いますし。

印象的なのはゲーム画面よりもナレーションこと秀爺の存在ですかね。これがいい。実にいい味出してるナレーションをしてくれます。初回は5秒でゲームオーバーになってしまったんですが、途端に「何をしていますか親方様!」と怒られました。操作とかが本気で分からないんでそのまま説明書読んでたら「何をぐずぐずしてますか親方様!」と怒られました。プレイしてもしなくても怒られるので、秀爺マニアにはたまりません。

このゲームは一応ピンボールなんですけど、マイクで兵隊達に指示が出来るんですよ。この時点で殆どの人には意味が分からないでしょうけれど、マイク装着画像だけおいときますんで想像におかませします。義務教育じゃないんやから、ついてこれる奴だけついてこい!

ルイージコントローラーにおおだマイクを接続

マイクで指示した画面内の兵隊たちが動いたりしてくれるんですが、それだけじゃなくて一人一人ふきだしで反応してくるんです。でもその有様がなんだかもう変すぎ。特に「もっとおせと言って下さい!」というセリフには何か狂気じみたものすら感じました。あとあいつらにぎり飯が好きすぎというか、にぎり飯に支配されすぎ。その辺が相まって最初に見たときの印象は「気色悪いピクミン」です。

なんだかんだで新鮮で面白いので夜中にマイク使って「押せ押せ」とか「みぎみぎ」とか命令しつつプレイしてたら、気がついたら真後ろにまみりんが立ってました。無言で。

あの怪訝そうな表情は忘れられない。なんか気持ち悪いものでも見てるかのような、俺が気が狂ったとでも思ってるかのような、あの表情。まみりんに目をそらされた瞬間、なんだか自分はここに居ていいんだろうかという気分にさえなってきて、すぐにコントローラーを置いてしまいました。それっきり大玉はプレイしてないです。

もし貴方が大玉に興味を持ったなら、買ってみるのも一興でしょう。ただ、自分の部屋の防音性には気をつけたほうがいいかもしれません。あと、周りに誰か居ないかも気をつけるべきでしょう。いつの間にか貴方の隣人が「晩御飯ができましたぞ親方様」と秀爺のマネをしてくる恐れがありますから。
メトロイドプライム2 ダークエコーズ
メトロイドプライム2 ダークエコーズ

任天堂
NINTENDO GAMECUBE
2005-05-26



前作の『メトロイドプライム』が凄い完成度だったものの、難易度も凄くてクリアするのに根気が必要だったから、体調の悪い時に本作に手を出しても大丈夫だろうかとかなり悩んでいたんですが、結局ガマンできずに買ってしまいました。案の定といった難易度でしたが、結果的には満足してます。

クリア結果からすると、25時間、アイテム75%、スキャン85%、といった感じで何とかクリアしました、って感じです。面白いんだけどイライラするゲームでもありました。難しいのが悪いのではないんです。でも世の中にはイライラする難しさと納得する難しさ(もしくは笑ってしまうような難しさ)があって、本作では要所要所で海外製作っぽい不親切さが見え隠れしてるように思えました。

たとえば前作であたるアーティファクト集めみたいなのが今回もある点です。ミサイルとかみたいに自分がパワーアップするでもなく、単純に鍵としての意味しかないアイテムを広いマップから10個以上も探すのは苦痛です。まぁ見つけたときはメトロイドならではの嬉しさがあるんですが、はよクリアしたいと思ってる時はちょっとなぁ。

ヒントもあるにはあるんですが、なかなか曖昧なヒントで簡単には見つけさせてくれません。他にもエリア途中でかなり前のエリアに戻ってアイテムを入手しないと進めないってのも作り的に不親切かも。他にも細かいことが結構あった気もします。

あと、ラスボスが二回も変身したのにまだ最終形態じゃなさげだった時は、そろそろ国会でボスラッシュとボス変身は三回まで法案作ってもいいと思いました。まぁセーブゾーンからボスまで遠すぎたりといったことも少なかったので、前作よりはマシだと思うんですが。

そんな愚痴をこぼしつつも毎日少しずつプレイしてクリアしてしまったので、やはり面白いゲームですよね。なんだかんだで前作ほどイヤな難しさではなかったですし。今回も3D酔いしなくて助かりました*1

普通のFPSではマップが無かったり弾数制限があったりして緊張感を出してると思いますが、本作では親切なマップがあったり基本的な武器だと弾数無制限なのにも関わらず、新しい場所に来たときの緊張感や探索感があるのが凄いですね。今回はダークゾーンという要素があって、少しずつ体力が減っていくので嫌が上でも慎重に探検していかざるを得ないので、敵との遭遇のたびに緊張が走ります。

前作からすでに雰囲気作りは完成の域に達してましたので新鮮味はないですが、やはりこの没入感はかなりのものですね。それに何といっても、メトロイドならではのアイテム探し、独特の地形をどうやって移動するのか、といった楽しみがたまりません。モーフィングボールを駆使して奇怪な地形を移動するだけでも他のゲームではまず味わえない感覚がありますね。

あと今回おおっと思ったのは、エコーバイザーで音が視覚化される点です。どういう風に表現されるのだろうかと割と心配してたんですが、実際に眼にしてみたら違和感なく出来てて安心しました。でも出来ればもう少しゲーム内で音ならでは、という点を有効に使って欲しかった気もします。ダークエコーズってタイトル聞いたら、普通は音が重要な要素と期待してもおかしくないでしょう?

前作が完成度がもともと高かったため、前作と比べると、マップが違い、アイテムが幾つか増え、対戦プレイができる、といった感じのマイナーチェンジという気もします。だから未プレイの方はシリーズ両方をプレイしてもいいかもしれません。歯ごたえのあるアクションを求めている人は是非やってみましょう。
  • 注1 : ちなみに『HALO2』ではひどい3D酔いになってプレイを断念しました。今まで3D酔いが皆無だったので残念です。前作である『HALO』体験版を30分くらいして大丈夫だったので手を出したんですが、どうも『HALO2』は特に酔う可能性が高いソフトみたいです。自分だけかと思ったら他にもそういう声は多いですし。まぁ酔わないように視点を安定させるよう心がけてプレイすればいいのでしょうけれど、それって何か違う気もします。科学的に3D酔いについて分析して、どんなプレイしても3D酔いが少なくなるようなデザイン作法が実践されればいいんでしょうけれど、個人差の存在もあってそれも難しいかもしれません。『HALO2』自体はFPS好きならネット対戦も充実していて名作と聞き及んでいます。
BioHazard4
BioHazard4

カプコン
NINTENDO GAMECUBE
2005-01-27



誤解を恐れずに言い切ってしまえば、ホラーゲームとしての怖さはあまり無いです。あまりそういう演出にしようという意図も感じませんでしたし、毎度のことながらバイオって終盤はほんと怖くなくなる法則が健在でした。序盤が一番異様な雰囲気でしたね、やっぱ。あの村人の集団の狂気があらわれた表情は、日常に非日常が浸透していった感じの不気味さがあって新鮮でした。だから後半の敵のほうが強くても怖くは無かった感じです。と言うか村のチェーンソー男が一番緊張した気がします。

しかしゲーム的にとても面白い。正直過去のバイオシリーズはかなり慣れてしまって食傷気味だったのですが、大胆なゲームシステム変更がいい具合に新鮮で、しかもちゃんと内容はバイオになってるのが凄い。ロード時間は皆無でシームレスな移動ができます。トビラを開けるたびに数秒演出があったりせず、すぐ次の部屋に移動できるのでテンポが良いし、戦闘に適度に緊張感がある上にいろいろと多彩な仕掛けや演出があって飽きが来ないです。ボリューム的にも過去のバイオに比べてかなり多く、初回プレイ時はクリアに17時間ほどかかりました。

クリアにかなり時間がかかるので早クリアなどの隠し要素が気になるところですが、その辺の配慮も行き届いているようで、クリア時間やセーブ数やスプレー使用数はグレードなどには関係なく、何時間かかろうが何度セーブしても何度死んでも隠し要素的には無関係なので自己満足の領域です。隠し要素は道中の武器屋で購入したり、ミニゲームをクリアして入手するような形になっているので、今までみたいに死なずに2時間以内に耐久レースするみたいな条件ではなくなり、努力すればプレイ時間がある程度細切れでも報われますので社会人でも安心です。やり込み要素もなかなか多く、ミニゲームの難易度が高かったり本編クリア後のハードモードが厳しかったり、とハードゲーマーも安心です。バイオ0がこの点でしょんぼりしたんで、今回は期待以上でした。

それにしても思いっきりパンチラあって驚いた。ライフルとか使って凝ったことしなくても、普通にイベントでチラリってたので、任天堂チェックをよくも通ったなぁ。GC本体ごと買ってもいいんじゃ?とオススメしようかと思ったんですが、年末にPS2移植されますね。心配なのはパンチラのソニーチェックロード時間などの点で遊びにくくならないか等といったところですが、この偉大なゲームが一人でも多くの人にプレイされるために折り合いをつけて遊びやすくなってくれればいいな、と願うばかりです。もしくは思い切ってGC次世代機のレボリューション*1を待ってからGC版を購入してもいいかもしれませんが、次回作はPS3*2とXbox360*3で発売決定らしいのでやっぱPS2版の方がいいのかも。
  • 注1 : GCソフトが完全互換で遊べます。
  • 注2 : PS1とPS2のソフトが完全互換で遊べます。
  • 注3 : 完全互換ではなく、エミュレーションして特定のタイトルのみ互換があるらしいです。まぁバイオ4は発売されないので今回の件には無関係ですけど。
Viewtiful Joe
Viewtiful Joe

カプコン
NINTENDO GAMECUBE
2003-06-26



体を壊して実家で療養中に、以前中断してた三面辺りから再開。

クリア時間は7時間44分、スイート。

この難易度でも辛い(というか分かりづらい)ボスがいたが、終わってみれば楽しい思い出か。題材も面白いし、全体的に遊びやすかっただけに、そこら辺も工夫してもらえたらよかった気がする。

なんだかんだで、アクション良作ではある。
Killer7【CEROレーティング「Z」】
Killer7【CEROレーティング「Z」】

カプコン
NINTENDO GAMECUBE
2005-06-09



『KILLER7』がヤバイです。三年近く待たされただけはあってマジでヤバイです。登場人物全員が狂ってるのがマズイくらいヤバイです。そりゃボリス7世・イワザールスコフ氏(愛称イワザル)も言いまくりますよ、ヤバイですヤバイですって。

須田版チンクル?

『シルバー事件』『花と太陽と雨と』を生み出したグラスホッパー・マニファクチュア社の須田51氏の新作だけあって、世界観や演出のキワモノっぷりは期待を裏切りません。上の画像をみてビビッと心に響くものがあるならプレイすべし。そうでないなら回れ右して健康的な世界へ戻っていくべし。

正直言って前二作*1はゲームとして見るとかったるいところがあるのは否めませんでしたが、それでも世界観にほれ込んでプレイする熱狂的なファンが少なからず存在していると思います。

そういうわけで本作も「世界観を堪能できればいいや」くらいの気持ちで購入してきたのですが、これが思いのほかゲームとしてマトモに遊べるので驚きました。独特の移動方法やシステムではあるものの、慣れるとかなり快適です。一本道っぽいゲームですけど、育成要素があるので作業感が軽減されてる気がします。

カプコンの監修という手綱が須田氏という猛獣をうまくコントロールしているのではないかなぁ。でもまぁ最後までプレイしないと分からないですけどね、あの人は何しでかすか分からないから。でもカプコンが隅から隅まで見てくれてるんだったら安心できそうな気もします(自信ないけど)。

GC版とPS2版が同時発売ですけど、PS2版はどうもロードが長いという噂でしたので俺はGC版を買ってきました。それでもプレイしてたらそれなりにロード時間があったので、PS2版はどんな有様になってるのやら。

まだ4時間くらいで三章目をやってる最中にまみりんが帰ってきてプレイ中断しているゆえ、最終的なプレイ時間がどのくらいなのかは保証できませんが、かなり濃厚なゲーム空間を楽しめるのは間違いないと思います。オシャレでポップなゲームではないのでかなり人を選ぶゲームだと思いますが、この世界観が気になってアクションゲームが極度に苦手でなければ買っていいと思います。

あと、もしこれをプレイした後に須田氏の他の作品をやってみたくなったら、詳細の理由は申し上げませんが、必ず順番は『シルバー事件』、『花と太陽と雨と』とプレイすることを推奨します。

シルバー事件
シルバー事件

アスキー
PlayStation
1999-10-07



花と太陽と雨と
花と太陽と雨と

ビクター インタラクティブ ソフトウエア
PlayStation2
2001-05-02



余談ですが、多層構造なストーリーと銘打ってた件と相まって、33という数字から世界的に有名な某文学作品を思い出しました。これでディスク三枚組だった日にはもしや?!とも思ったのでしょうけれど、GC版はディスク二枚組なので気のせいでしょう。でも気にならないと言えば嘘になる。

とりあえず早くまみりんに寝てもらって続きをプレイしたい。こういう時に限って脳年齢計るのが疲れると言って、DSを手にしないので困ってます。疲れてるんなら、はよ寝てよ!
  • 注1 : 『ミシガン』? なにそれ?
前回までのあらすじ

『HOMELAND』βテスト版でネットワークプレイで神となるべく、まみりんの隙を見てプレイしようとしたものの接続テストのみで終わってしまったんで、仕方ないからまみりんが仕事から帰ってこないうちに急いで遊ぼうっと!

で、帰宅してきた俺に突きつけられた一つの事実が。

ネットワークβテスト期間は平成17年3月15日〜3月27日実施予定です。

 ヽ(・ω・)/   ズコー
\(.\ ノ
ホームランド
ホームランド

チュンソフト
NINTENDO GAMECUBE
2005-06-30



そう、それは神への道。

『HOMELAND』のβテスト版がクロネコヤマトのおじさんにより我が家に届けられました。いやっほう!

いそいそとゲームキューブを使おうとしたら、こういう時に限ってまみりんは早起きさんなのです。というのもつい先日から『牧場物語 しあわせの詩』をプレイしまくっているのです。一台しか無いゲームキューブはまみりんにより奪い去られているのです。

「ね〜、まみちゅわ〜ん、ゲームキューブ、使ったらだめかなぁ〜」

「何言ってるの。部屋の片付け、炊飯器、洗濯、たたみもの、どれもやってないじゃんか。全部終わらないとダメだからね!」

画面から全く目を離さずに言い捨てられました。仕方なくすごすごと洗濯物をまみりんの横で畳んでいると、楽しそうなまみりんの独り言ばかり耳に入ります。

「あ〜、ダーリンに餌やるの忘れてた。失敗した料理でいいけ?」

ダーリンと名づけられた飼い犬はマズイご飯を食べさせられて、キュ〜ン、と悲しそうにないていました。実生活でもゲームでも俺は……いや、考えたら負けだ。とりあえず家事をこなそう、そうすれば俺もHOMELANDを……

数時間後。やっと家事が終わったのでまみりんにゲームさせてとお願いしたら、「わたしは平日は仕事で遅くて遊べないんだから、休日くらいゆっくり遊ばせてよ!」と逆ギレ。まぁ予想はしていたので、黙ってお風呂を沸かしました。そしてまみりんがお風呂に入った隙にゲームキューブに特攻です。

まずはLANケーブルを向こうの部屋から引っ張ってきて、ルータのケーブルをXboxのと入れ替えて、といった作業から始めました。そうです、このゲームは数少ないブロードバンドアダプター対応ゲームなのです。ネットで自分のゲームキュブをネットサーバーにして、”かみさまプレイ”と称された遊びが出来るのです。

ネット接続テスト画面で、ちょっとドキドキしながら結果待ちです。ネットゲーって、まずは接続テスト自体がひとつのゲームみたいだよなぁ……と思いながら待ってたらこんな表示が。

21040エラー。ファイアーウォールやルータの設定を見直してください。
かみさまプレイ:できません
ぼうけんプレイ:できます


な、なんですとー!と慌てて説明書を初めて見たんですが、TCPポートの9003番をあけないといけないらしいとのこと。さっそく別室へ行ってルータ設定です。DHCPでゲームキューブがどのIPアドレスになってるのか分からないので、適当に割り振ったらなんだかうまくいきました。接続テストにはこんな表示が出ました。

かみさまプレイ:できます
ぼうけんプレイ:できます


よっしゃー! 遂にゲームキューブでネットプレイだー! かみさまプレイだー!

といきこんでたら、まみりんがお風呂からタイミング良く上がってきました。そして無言で振り返りつつ「もう少しさせてよ?」と表情で訴える俺に向かい、まみりんは一言。

「おつかれっしたーぁー」

え?と思って黙って表情でもう一度訴えました。

「おつかれっしたーぁーおつかれっしたーぁー」

そしてゲームキューブを奪われ、自室に戻って日記を書いているのでした。かみさまプレイどころか、普通のプレイさえしてないよ、俺。こうしてHOMELAND一日目はログインゲーで終了。というか接続テストだけでログインすらしてないって。

明日こそは、俺は、かみにっ!……なれなさそうな気がしないなぁ。それはそれでオチが出来ていいかもしれない(←33年生きてきて培ってきた唯一のプラス思考)。
1 2 3 > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM