Home | ArchiveList | Category | About
Home > ゲーム > PS4
1 2 3 > >>


いやー、これは本当に凄かったです。アドベンチャーゲーム好きなら、絶対に遊んでおくべき逸品でしょう。スキップや分岐図も充実していて、遊びやすさもバッチリです。人が死ぬので結構残酷描写はありますが、画像では直接見せてないですし、そこら辺を調整する設定までついてるので、よほど苦手じゃなければ楽しめることでしょう。

三千円なのでそこまでボリューム無いかと思ってたんですが、フルパッケージ作品にもひけを取らない大ボリュームでしたし、そして何よりも衝撃的な内容が凄かったです。人狼ゲームをうまくゲームとして昇華させていて、疑心暗鬼な緊張感あふれる雰囲気の中、どうやって生き延びていくのかともがくうちに、ずっぽりとこの世界の虜になっていることでしょう。

うっかり時間が無い時に遊ぶと、先が気になって睡眠時間削ってまで遊んでしまう危険が高いので、事前に遊ぶ時間を確保してから手を出したほうがいいかと思います。
ライフ イズ ストレンジ - PS4
ライフ イズ ストレンジ - PS4

スクウェア・エニックス
PlayStation 4
2016-03-03



PS4版へのリンク貼っておいてなんですが、自分はSteam版でクリアしました。かなり安いですし、日本語パック(無料)を適用すれば、音声含めて日本語化されるうえに、日本語字幕・ボイスの選択もできて、バッチリ遊べます。

最近はiOS版も出ててお試しプレイも出来るので、自分にあうか確かめてみても良さそうですが、まだ全エピソード配信されてないので、待ちきれない人はPS4版かSteam版がいいかと思います。
【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

スクウェア・エニックス
PlayStation 4
2017-07-29



最初はドット絵が好きだから3DS版にしようかな、と思ってたんですが最近は老眼になってしまって、3DSLLであっても画面が小さく感じて遊びづらいという事情があってPS4版を買いましたが、個人的には大正解でした。
ニーア オートマタ - PS4
ニーア オートマタ - PS4

スクウェア・エニックス
PlayStation 4
2017-02-23



前作は最終エンドまでたどり着いて好きな作品だったのですが、残念ながら本作は個人的には憎しみさえ覚えている状態です。世間ではかなり売れてて評判もいいようなので、自分の意見はかなり特殊だとは思うんですが、プレイして一年近くたっても変わっていない自分のこの感情は嘘じゃない(自分にとっては)と思ったので、敢えてブログに書き残しておきます。かなりイヤな事が書いてあるので、この作品のファンは読まないほうがいいと思います。



もうこの人が手がけるものは一切触れたくない、と思うほどに一クリエイターを憎むほどになるとは自分でも驚きですが、まぁ人間なんて理論だけじゃなくて感情でも生きていくんだから、こうなったらもうしょうがないよね。たぶんゲームじゃなくて映画とかだったらここまで拗らせなかったと思うんですが、ないものねだりしても仕方ないですかね。

他にも鑑賞しきれない色々なものに満ちている世の中なので、固執せずに気にしないで色々なものを楽しんでいくのが良いかなぁと。期待しすぎた自分が悪かったのだと思います。
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期 - PS4

スパイク・チュンソフト
PlayStation 4
2017-01-12



これはネタバレ全開じゃないと感想書けないと思ったので、クリア後の方だけクリックしてネタバレ感想を読まれてください。



賛否両論だと思いますが、なんで制作陣がこうしたのか、本当に不思議です。「敢えてこうした」というお行儀のよいインタビューじゃあなくて、酒でも飲ませてべろんべろんにして本音を聞き出してみたい。
気がついたらクリスマスプレゼント名義でPS4PROを購入してました。思い立ったが吉日!





SSDにも換装して、無事遊べる状態にしたんですが、けっこう小さな失敗をして焦りました。なお換装は割とスムーズにできて、移行が難儀でした。あまり他の方の参考にならないですが、備忘録としてブログに残しておきます。

Tear −終わりとはじまりの雫ー(PS4) | 公式PlayStation™Store 日本

かつて自分は『ルートレター』をかなりこき下ろしたものですが、今となってはその評価は厳しすぎたのかもしれません。本作をプレイしてしまった(過去形)後では、そう思っても仕方がないのではないでしょうか。

学生時代は『ソードオブソダン』『デスクリムゾン』を嗜んでたというのに、息子も生まれて年老いた今となっては、本作を遊ぶだけの忍耐力が無くなったのかと痛感しました。

このゲーム、真のエンディングを見るにはすべてのバッドエンドも見ないといけないので、自然と再プレイが必要になるんですが、オプションでAUTO設定を最高速度にしてもかなり遅いんですよ。途中セーブもないからバッドエンドになったら章の最初からやり直すしかないので、これはかなり辛い。仕方ないのでAUTOモードにして選択肢が出るまで、もう一つのPCモニターでツイッターしてました。DOAX3で会得した逃避方法がこんなところでも役に立つとは……

なんかやっててかなり辛いので、自然と1日1時間以上は遊べませんでした。そうか、Tearは高橋名人だったんだー! な、なんだってーっ!

公式では20時間くらいクリアに必要と言われてたものの、合計5時間くらいでクリアはしたんですが、本当につらすぎて20時間くらい遊んだような気分でした。この点だけ見ても、ルートレターはシステム周りは快適で、おかしかったのがテキストというか人物描写だけだったのではないでしょうか。

そしてクリアした後、他の人の感想も見たいと思って、がんばって検索したんですがどっかで見たことある人ばっかじゃんか。何故かルートレター勢しか結果に出てきてくれないという。みんな、腐臭を嗅ぎ当てる嗅覚が鋭すぎるぜ……

そしてラー油さんのレビューを見て衝撃を受けました。

文字スキップが爆速なのでなんとかなるし

え?! のろのろAUTOで全バッドエンド回収したけど、あれって世間的には爆速って表現になるの? まさか、俺だけ操作しらないとかないよね。まさか〜


R1のスキップ使わずにクリアしたのは、世界で俺一人だけなのかもしれない。5時間が20時間くらいに感じられる苦行に思えたのは気のせいではなかった……精神と時の部屋で苦行してた気分。

とここまで書きましたが、これを読んでる未プレイの人たちには「で、何がそんなに酷かったの?」と疑問に思われてるでしょう。その点に関しては他の皆さんの魂の叫びを一通り見ていただいた方が効果的だと思い、togetterにまとめてみました。

togetter:Tear ―終わりとはじまりの雫―

『ルートレター』のときは、本人たちは真面目なのにシュールなことになっている『彼岸島』的な楽しみ方をしてたと思うんですが、本作の場合はそういう余裕があった人は少なかったのではないでしょうか。テキストだけではなくありとあらゆる要素がツッコミどころ満載すぎて恐ろしいですが、これを発売しようと思った会社の判断能力が一番怖すぎます。



真エンド(トロフィーコンプ)までやったものの、「え?うそ?なんで?」とも思わなかったし、涙も出ませんでした。広報担当2号氏の感性がそうとう個性的なのかと思いましたが、もしかするとこれは「なんでこんな出来になってしまったの?(悔し涙)」という心境をオブラートした結果なのかもしれません。

いやー、これはアドベンチャー史に残ってしまうかもしれないですね(もちろん悪い意味で)。個人的にはTear以前、Tear後でアドベンチャー史を分断しちゃった感があります。少なくともルートレターの評価が(相対的に)上がってしまったというのは事件です。

5時間程度で無二の体験ができてしまうので、未プレイで物好きな方はぜひともこの怪作に手を伸ばしてみてはどうでしょうか。正直、あまりにも売れなくていつまでもストアに並んでる保証も無さそうな気がしますし、チャンスは今しか!(無責任に煽って終わる)
INSIDE
INSIDE(製品版)


あの『LIMBO』を手がけたPlaydead社による横スクロールアクションアドベンチャーです。『LINBO』はモノクロの幻想的な世界でしたが、本作はカラーではあるもののどこか退廃的なものを感じさせる世界を進んでいくことになります。ゲーム中のセリフや文字は一切なく、サイレント映画のような雰囲気となっており、プレイヤーの想像力が刺激される内容ですね。

操作系はシンプルで、方向移動とジャンプ・つかむ、というわかりやすさ。しかしながらゲーム内容的にはシーンごとに頭を使って仕掛けを駆使しながら、即死系トラップを逃れていくような流れになっており、いわゆる即死ゲーです。CEROがDになってるだけあって、スプラッターというほどではないものの、多数の衝撃的な死に様が待っています。

淡々とぞくりとするような死に直面することになりますが、死んでもやり直しがすぐにできるので再開のストレスは少ないですね。ゲーム起動時のロードだけは長いですが、そのあとは特にロードはないので、快適に遊べると思います。

お値段は2千円ちょっとで、ボリューム的には5〜10時間程度、結末はあまりはっきり語られないので行間を楽しむタイプ、となっているので人によっては合わないかもしれませんが、不思議な映画を見て考察を楽しめるタイプの方にはかなりオススメでしょう。

条件は厳しいのですが、できれば隠しエンディングまで見た上で考察した方がいいかと思います。いろいろな方の考察記事を読んで面白かったのですが、特に印象に残ってるのはこちらの記事ですね。

INSIDEのストーリー考察 | BaketsuGames

あいろんらいふ: 【ネタバレ考察】INSIDE:インサイド実況プレイ&隠しエンディング到達方法

体験版もあるので、この雰囲気が好きなら買っちゃっていいと思います。

INSIDE(体験版)
INSIDE(体験版)


『LINBO』の場合、面白かったのですが終盤になるにつれて演出に飽きてきた感があったものの、本作は最初から最後まで本当に凄かったです。詳細はネタバレになるので言えませんが、仕掛けや雰囲気や演出の独特さは随一のものでしょう。ぜひ最後まで遊んでもらいたいです。
最近はPSNネットワークへのパスワードリスト攻撃が行われたり、とセキュリティ上の不安も高まってるため、ちょっとめんどくさいけど二段階認証を導入しようかな、と思ってたんですが今のままでは出来ないのでした。

というのも、SENアカウントとSONYアカウントを一度紐付けてしまうと、SENアカウントでの二段階認証が出来ないという仕様だったようです(ちなみに紐付けサービスが開始されて、かなり後になってひっそりと注意書きが追加されてました……)。

紐付け解除の方法についてサポートに問い合わせたところ、かなりたらい回しにされたりして大変だったので、備忘として簡潔に書き記しておきます。
√Letter ルートレター PREMIUM EDITION
√Letter ルートレター PREMIUM EDITION

角川ゲームス
PlayStation 4
2016-06-16



ラブプラスのファンで、ミステリーは大好きだし、アドベンチャーゲームも嗜む、とくれば買うしかないでしょ! だって制作陣も自信たっぷりみたいだし!

そう思いつつもシナリオ担当の藤ダリオという方の名前でググったら、すごい評判だったんですよ。悪い意味で。良い評判を探し出すほうが難しいレベル。俺が大学生だったらならともかく、社会人で一児の父でもあるので、結局手を出さずにいました。チキンと呼ぶなら呼べばいいさ。時間は大事に使うものでしょ。

そして発売した頃になると、予期してたとおり、仕事がかなり忙しくてゲームなんて全然できない状況だったのですが、たくさんのルートレターの感想見てると、あろうことか遊びたくなってきてしまったのです。これはあれですかね、カリギュラ効果ってやつですか。禁止されるほどやってみたくなる心理現象。押すなよ、絶対に押すなよ!(←微妙に意味が違う)
1 2 3 > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM