Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > ゲーム > その他
1
師匠

よかった、生きてて本当によかった!

まさかトリパンが携帯に移植される日が来たとは!

トリパンってなぁに?と殆どの方が思うでしょうから説明してみます。「変なゲームならまかせとけ!」のキャッチフレーズがおなじみだった、今は亡きデータイーストことDECO。本当に個性的というか変なゲームを沢山世の中に生み出してきましたが、それらの中でも群を抜いて意味不明な世界をかもし出しているのが、この作品では無いでしょうか。

どんな内容かを克明に説明しようかとも思ったのですが、言葉というものの限界を思い知らされるだけなのでやめておきます。あのナンセンスワールドのありのままを文章化しても、電波扱いされてしまうだけでしょうし。仕方ないからGoogleはてな検索へのリンクはっておきます。トリオザパンチのはてなキーワードがなくて、トリオってキーワードにジャンプしてしまって悔しかったので、そのうちキーワード編集してみようか。何気にはてな市民になっちゃってるし。とか思ったら Wikipedia の解説が圧巻すぎて何も書ける気がしなくなった。

んで、俺はこの独特の世界観が好きで好きで、これをプレイするだけのために熊本のゲーセンまで遠征したりするくらいだったんですが、そこまでしたのも家庭用に移植されてなかったってのもありますね。以前はセガサターンで発売予定もあったのですが、会社がシイタケ栽培とかガスマスク販売とかで潰れちゃって、もう移植なども期待できないだろうな……と完全にあきらめてたわけなんですが、なぜか今回携帯アプリとして、しかもボーダフォン専用として移植されちゃいました。ボーダフォンにしてて良かった、生まれて初めてそう思った!

値段が1アプリケーション200円(税込210円・従量課金制)とあって、これって上限が210円ということなのか、それとも何らかの通信料が実は発生してて210円+?円を上限としているのか、というのが良く分かりませんでしたが*1、そんなことを気にして躊躇うわけもなく、速攻でダウンロード。ドキドキ……

想像以上にマトモな移植で感激しました。俺の機種だと他のボタン押しちゃったりするのは気になりましたが、ソフトウェア的には特に問題ないですね。まぁそこまでトリパンマニアなわけじゃないので細かい違いは気付いて無いだけかもしれませんが、普通に遊ぶ分には申し分ありません。しかも無限コンティニューだし、やめる時はセーブして再開も出来るし、しっかりしてます。

勝っても負けても呪われる

とりあえず羊になれるのは確認済。このデキなら、多分ラスボスの再現具合とかも問題なさそうですね。暇を見つけてはプレイを重ねてみたいと思います。
  • 注1 : 2006/09/15追記:210円ポッキリ定額でした。しかも先日携帯壊れて新しい携帯で再ダウンロードしたら、なんか保障期間みたいなのが57日残ってたみたいで無料でダウンロードできました。すばらしい!
ブロックス (Blokus) ボードゲーム
ブロックス (Blokus) ボードゲーム

ビバリー
おもちゃ&ホビー
2002-04-01



最近はボードゲームやカードゲームにハマりつつあります。やっぱり人間相手に喋りながらプレイするってのはかなり楽しいと思うのです。このブロックス、見た目がかなりシンプルなボードゲームですが、見た目どおりルールもかなりシンプルです。

ルール:テトリスみたいな1マス〜5マスで出来たパーツを順番に盤に置いていきます。ただし自分の色のパーツを隣接はせずに、角をつなぐ形でしか置けないです。最終的に手持ちのピースが少ない人が勝ちです。

といった感じにルールが20秒で説明しきれると言うのに、これがどうして奥が深い。おのおののブロックをいかに利用するか考えないといけないですし、あんまり大事に取っておきすぎると最後に置けなくなってしまって負けてしまう。他の人間がどのパーツを持っているかも考慮しながら置いていかないといけません。

比較的入手は簡単で、トイザラスで普通に売ってました。この冬休みにみんなでワイワイと遊んでみてはどうでしょうか。
卑語君が我が家にカードゲームを色々持ってきてくれたのですが、その中でもひときわ面白かったのが6ニムトでした。

10枚ずつ手札を配り、いちにのさんでメンバーでいっせいにカードを出し、一番数字が少ない人から列(全部で4列)に並べていって、6枚目になったらその列のカードを取らないといけないので、なるべく取らないようにしよう。簡単に書くとこれだけのルールなんですけど、すぐにルールが飲み込めて、すばやく終わって、とてもスリリングなカードゲームです。運だけかと思いきや戦略性も少しあってかなり楽しい。

俺も卑語君のルール説明だけ聞いたときは「面白いの?」と思ったんですが、実際に触ってしまったが最後、まみりんに「早く買ってきなさい!」とせかされ福岡中で探し回りまわったものです。この前鹿児島からまみりんの友達が来たのでやってみたのですが、彼らもすぐにハマって「絶対買う!」と言ってました。一般層にもアピールしやすい面白さだと感じます。

でもいざ買おうとしてもなかなか売ってないので、プレイスペース広島などの通販で入手するのがいいかもしれないですね。こちらのお店は翌日に発送してくれて、かなり迅速に商品が届きましたのでお勧めです。

2010/01/01追記

現在はAmazonでも取り扱ってるようなので、こちらから注文するのが楽かもしれません。

ニムト
ニムト

Amigo
おもちゃ&ホビー




ちなみに名前が「6ニムト」ではなく「ニムト」になっていますが、同じゲームのようです。
http://homepage3.nifty.com/vier/indexStart.html

世界一ルールが簡単なボードゲーム、というウリに偽りなし。10秒でルールがわかり、30秒でハマル!」というのは伊達じゃないです。交互にコマを水平垂直に動かしていって、同じ色を4つ固めれば勝ち、ってだけなのですがこれがなかなか奥が深い。

WEBでは動作が遅い無料デモ版やダウンロード販売版もありますが、ファミレスのガストでもお手軽にプレイできますので一度試してみるのもいいかもしれません。

これがネット対戦可能なら買うんですけど、そのあたりが良く分からないので面白いとは思ってても手を出してません。XboxとかニンテンドーDSでネット対戦可能版が出ないかと本気で願ってます。
1
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM