Home | ArchiveList | Category | About
Home > ゲーム > Page.4
<< < 1 2 3 4 5 6 7... > >>
三連休は妻と息子が帰省してるので、久々にずっと一人で過ごすことになったため、せっかくだから一人じゃないと出来ないことでもしてみるかー、とは思ってたんですが、いざとなるとなかなか思いつかないもんですね。

あんまり暇なので、まみりんに「みんなが帰省中の間に、元カノに会いに行ったりしたらどうする?」と挑発してみたら、「え、ラブプラスは今カノでしょ?」と冷静に返されてしまいました。

以前まみりんに「浮気したらどうする?」て聞いたら「浮気するような甲斐性あったの?」て言われましたけど、そう言えば昔こういうことがあったしなぁ。

というわけで、前の晩にカノジョ3人とプレミアムデートで髪の長さを変更してもらってからの一度デートしてミドルに長さ固定してからの、ツイッチでクーペ観戦しながら髪型変更デートのリセットマラソンからの、PSVRのシネマティックモードで大画面でのクーペ決勝トーナメント観戦としゃれこみました!



我ながら実に有意義かつ効率的な時間の使い方だったと自負している次第です。
√Letter ルートレター PREMIUM EDITION
√Letter ルートレター PREMIUM EDITION

角川ゲームス
PlayStation 4
2016-06-16



ラブプラスのファンで、ミステリーは大好きだし、アドベンチャーゲームも嗜む、とくれば買うしかないでしょ! だって制作陣も自信たっぷりみたいだし!

そう思いつつもシナリオ担当の藤ダリオという方の名前でググったら、すごい評判だったんですよ。悪い意味で。良い評判を探し出すほうが難しいレベル。俺が大学生だったらならともかく、社会人で一児の父でもあるので、結局手を出さずにいました。チキンと呼ぶなら呼べばいいさ。時間は大事に使うものでしょ。

そして発売した頃になると、予期してたとおり、仕事がかなり忙しくてゲームなんて全然できない状況だったのですが、たくさんのルートレターの感想見てると、あろうことか遊びたくなってきてしまったのです。これはあれですかね、カリギュラ効果ってやつですか。禁止されるほどやってみたくなる心理現象。押すなよ、絶対に押すなよ!(←微妙に意味が違う)
一時期はアトラス社が存続できないのではという事態になっていて、ペルソナシリーズが無くなってしまうのではと危惧した時期もあったので、遂にこの手でシリーズ最新作が遊べる日が来た時は感無量でした。そういう経緯もあり、お布施代わりに思い切ってアニバーサリーエディションをダウンロード版で購入しました。



シリーズ最新作とは言え、過度の期待は禁物……と自分に言い聞かせてはいたんですが、とりあえず発売日は有給休暇使って、五連休にしました。あと『ゼノブレイド』を昔遊びすぎて妻にWii本体ごと捨てられそうになった経験があったので、過去の教訓を活かし、妻に乙女ゲーを買い与えて何の文句も言われないように備えました。覚悟完了です。もう何も怖くない。
もう十年以上前に残してたメモから、なんとか記憶を探りつつ、感想を書いてみます。

MOTHER3
MOTHER3

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
2006-04-20



紆余曲折あり一時期はもう発売されることはないのでは、と思われた作品ですが、遂に手にする時がきました。MOTHER3出演応募のあとに開発中止ときて、GBAで開発再開と聞いた時は、本当に驚きました。

ゲームシステム的には装備画面が間右、アイテム受け渡しめんどう、行く順番がわかりずらい、敵が強いといった欠点ぽいものはあるものの、他のゲームにはない強烈な個性があって、それを味わうためにゲームをしている、といった感覚でした。

普段はRPGで戦闘シーンがきらい、と言ってるくらいなんですが(じゃあなんでRPGしてるんだと)、本作においてはとある場所だとポストを見て回るため、セリフを聞くために敵にぶつかって行ってましたね。セリフ一つ一つに糸井重里氏のセンスが込められていて、言葉を味わう楽しみがありました。

テレビじゃない箱、ドアノブ、など色々考え込まれてるシーンがありましたね。死の概念を避けてきた今までのMOTHER2に比べるとけっこう欝ですね。MOTHER2と同じノリで遊ぼうと思ってたら、序盤からガツンとくる辺り、「今までと同じと思うなよ」と暗に宣言されてるように感じたものです。

演出的には、ラストまぎわでけっこう驚かされたり、エンディングは簡素すぎるようでいてあれはあれで想像力がますので、なんだかんだで良い演出だったと思います。いろいろな隠喩が含まれているという風にも勘ぐれる余地があるというか。

奇妙で、おもしろい。そして、せつない。

キャッチコピーの通りだと思います。本作については、MOTHER2を遊んだ子どもたちが、大人になってから受け取ったビターな贈り物、といった風に受け止めています。

当時は思い入れが大きすぎて何を書いていいか分からず、そのままメモだけ残して十年たってしまったわけですが、やはりその時の感情を言葉にして書き留めておいた方が良かったなぁ、と思ってしまいました。

今でも面白かったという漠然とした想いは忘れてませんが、その時に感じたものをそのまま勢い良くぶつけるべきだったのだと。まぁそれ言い出したら、MOTHER2はラストで唯一泣いたゲームということしか覚えてなくて、記事にすら書けそうにないですし。というか当時はネットも触ってなくて、ブログに感想を残すという習慣すら無かったので、仕方ないといえば仕方ないんですが。

いろいろ書いてきましたが、はっきりと言えるのは、自分の心の中に残った、大好きなゲームの一つであるという点です。WiiUのVCでシリーズ全部購入済なので、そのうち息子が大きくなったら遊ばせてみて、どんな感想を言うのか聞いてみたいところです。その日が訪れて、親子ともども楽しめる日が今から待ち遠しいです。
同じような名前で幾つかバージョンがあるから紛らわしいんですが、2016/11/24発売になったBluetooth搭載のバージョン(初期から数えると第三バージョン)を購入してみました。

なお型番は下記になります。

型番(ブラック) : 6CL-00003
型番(ホワイト) : TF5-00006

ブラックとホワイトで全然型番違うのが謎ですけれど、たしかにこの型番になってます。

XboxOne ワイヤレスコントローラー (ホワイト)
XboxOne ワイヤレスコントローラー (ホワイト)

日本マイクロソフト
Xbox One
2016-11-24



PCでコントローラー使うなら、以前はXbox360コントローラー一択だったと思うんですが、最近は十字キーなどの改良が行われたXboxOneコントローラーがいいとのこと。

Windows7はサポート外と公式サイトにも記載があるんですが、Bluetooth接続なら使えるんじゃないかなー、と淡い期待をしつつ接続してみました。しかしながら結果はNG。残念。

Windows7 Home Premium の64ビット版で試しましたが、ペアリングが成功したとしても、Originのデッドスペース2を遊ぶと、メニューの段階で勝手に右下の方に移動するし、本編始まったら常に画面がグルグル回ってしまうのです。

ドライバ入れ直しや、ペアリングし直しなどを行ないましたが、改善できず。まぁもし使えたとしても、コントローラーの電源が数十分後に自動で切れた後、再度つなげようとしても上手くいかないって話もあるみたいなので、現時点ではPCのBluetooth接続で使うには色々難点があるようです。まぁWindows7はサポート外ですし、仕方ないか。なおXboxOneは持ってないんで試せないですが、そちらではそういう問題ないみたいなので、PC側の問題なんですかね。

なおBluetoothで使う場合は、標準でコントローラーに単三電池2個をセットできるようになってますので、エネループといった充電池も使えそうです。チャージキットも別売りされてるので、このあたりはお好みで選んでみてはいかがでしょうか。Xbox360のときは、チャージキットが1ヶ月も経たないうちに自然故障して、サポートに問い合わせたら初期不良サポートの対象外と言われたことがあるので、個人的にはチャージ買うとしても人柱待ちですかね。

そういうわけで有線接続して使ってみましたが、こちらだと何の問題なく使えてます。マイクロUSBケーブルは別売りなので、市販されてるものを買ってくれば大丈夫です。

USBは意外と種類がいろいろありますけれど、こちらのコントローラーで対応してるのは、micro USB 2.0 Type-Bです。昔あった長方形(タイプA)ではなく、今主流となっている台形(タイプB)のケーブルを買ってくればいいです。ケーブルが長すぎても困るので、今回は巻き取れるタイプのを買ってみました。



コントローラーの使い心地としては、特に問題ありません。十字キーも押しやすくなっていて、以前はデッドスペースで武器選択を間違えるようなことがあったのですが、そういうことも一切なさそうです。

PS4コントローラーもXboxOneコントローラーも地道に進化を遂げていて、どちらもかなり使いやすくなってていいですね。PS4はOPTIONやSHAREボタンが押しづらいのが少し気になりましたが、XboxOneコントローラーはそういう部分も見当たらないです。

ボタンを押したいと思ったら全てにすぐ指が届きますし、握った時に微妙にざらつきがあって、ほどよい大きさもあって、実に手に馴染む感じがしていいです。触っているだけで心地よいというのは良いことです。

あとは今後の耐久性が気になるところですが、コントローラー本体に関しては特に悪い噂を聞いてませんし、期待できそうな気がします。PC用のコントローラー買うなら、マストバイではないでしょうか。
リンダキューブ アゲイン
リンダキューブ アゲイン

ソニー・コンピュータエンタテインメント
PlayStation
1997-09-25



ダークなユーモアのあるストーリーもいいが、何よりもゲーム性の高さが魅力的。

見た目ははっきり言ってかなりショボいが、その分操作性関連は抜群。実はポケモンよりも先に発売されていた、元祖動物集めゲーです。

今だとPSアーカイブでも発売されてるので、初代PSをわざわざ引っ張り出さなくても、PSP、PSVITA、PS3で手軽に遊べます。いい時代になったものですね。

リンダキューブ アゲイン
リンダキューブ アゲイン(PS3) | 公式PlayStation®Store 日本

ゲームの面白さはグラフィックだけではない、という説得力をもった作品だと思いますので、ゲームらしいゲームをしたい人にオススメします。
自分はピンボールマニアじゃないんですけれど、FLIP-FLAPを読んだからなのか、こちらの記事をみて心がときめく程度にはピンボールの風情が好きなのです。

未だに海外のみで配信されてるんですが、ピンボールなら英語分からなくても遊べるだろうし、と思って海外アカウントで購入してみました。

ためしにPS4のキャプチャ機能で録画してみましたが、かなり簡単に扱えていいですね。たまに録画開始されてない時があるので、少しコツがいるかもしれませんが、基本的には簡単に扱えるように出来てて好印象です。特に悩まずにYouTubeへもアップロードできました。



基本パックだと3台選べるんですが、その中の一つ、海の中で遊べるピンボールを動画にしてみました。 サメやクラゲがいるなかでピンボールするってのは趣があっていいですね。LR3ボタンをつかえば、もちろん台揺らしも可能なので、すぐに直感的に遊べるかと思います。

動画だと台の下のほうが見えないように思えますが、実際にPSVRで遊ぶとちゃんと下まで見えるようになってるので、ご安心ください。あと急に視界が動くのは、サメとかきたらついついそっちを見てるだけです。購入まで少しだけ手間がかかりますが、ピンボール好きなら結果的に安いしオススメです。

記事の続きでは、海外ソフト購入までの流れを記載しています。

Rez Infinite

とりあえず遊んだほうがいいです。と言ってみたところで、できれば事前に体験版を試してから買いたいところでしょう。日本版のデモディスクにも収録されているんですが、せっかくですから北米アカウントを作って海外版のデモディスクをダウンロードするのをオススメします。

日本版だと5個なのに、海外は18個も収録されてます。それだけに容量も40GB近くあるので、ダウンロードにけっこう時間かかりますが、PSVR本体買ったらまずは海外版デモディスクさえあれば満腹じゃないでしょうか。『KITCHEN』も日本だと100円必要なのに、海外版だとタダで遊べちゃいますしね。デモディスク以外にも、海外ストア独自の無料コンテンツありますし、すぐに作れるので海外アカウントはオススメです。


なお海外アカウントでソフトをダウンロードしたあと、日本アカウントで同じソフトを遊ぼうとしても鍵マークがついてて遊べない場合があります。そういう時は、海外アカウントで設定>PlayStationNetwork/アカウント管理>いつも使うPS4として登録する、とすればロック解除されて、日本アカウントでも使えます。


閑話休題。話が逸れたので、Rez Infinite自体に話を戻します。

静止画や動画で見ても分かりづらいんですが、実際にPSVRで本ソフトを体験するとかなり凄いですね。電脳世界に浮遊してるという没入感が半端ないです。言葉で表現しきれないのがもどかしいですが、実際に遊んでみて!としか言いようがないですね。

手軽にVR体験をしたいというのであれば、絶対に死なないモードでエリア4までは遊べるますし、そこまで遊び尽くせた腕前ならエリア5も苦労せずにクリアできる程度の難易度になってます(少し長いですが)。

まぁプレイ時間が合計一時間超えるだけでもエリア5の次のエリアXが解放される仕組みになってるので、一度くらいゲームオーバーになってもいいや、くらいの気持ちで遊んでいけるかと思います。

今回VR用に追加されたエリアXは、遊べるようになるまで小一時間程度はかかってしまいますが、それまでが作業というわけでもなく純粋に楽しめますし、ちゃんと最後までエリアXを楽しんでもらいたいです。VR体験の真骨頂といっても過言ではないですから。

最初はシューティングなのかと思ってたのですが、どちらかと言うと敵を倒した時の音自体も体験に組み込まれている、といった感触でした。敵を倒した後の反応自体がリズムになってて、手元のコントローラーの振動と、ヘッドホンからの音響と、見渡す限りの映像があいまって、独特の一体感が得られます。没入感のあまり、ヘッドセット外した時は「現世に戻ってきた」という感覚になるのが凄すぎ。

人によるかもしれませんが、自分はVR酔いを感じなかったので、比較的酔いにくいソフトかと思います。PSVR買ったら取り敢えず遊んでおくべき、マストバイアイテム。そう断言するくらいオススメです!
無料でダウンロードできるVRソフト、という以外の情報を何も知らない状態で起動。


anywhereVR

ヘッドセットの先には、沖縄が広がってました。

歩きまわることはできないものの、左右を見渡すと、周りが見える。

静かなさざなみが、心地よい。

実に、いい。

癒される。

他にどんな景色がみれるのかと試してみると、無料版なので二箇所だけでした。しかしメニューからリストを出すと、いかにも心地よさそうな風景が沢山並んでるじゃないですか。

でもそれらをクリックすると、PSストアに誘導されるじゃないですか。

有料じゃないですか。

でもその場でクレジット決済できちゃうじゃないですか。

そのままお得なコレクション版を購入しちゃうじゃないですか。

財布の紐という概念がなくなっちゃうじゃないですか。


リラックスCollection 1(PS4) | 公式PlayStation®Store 日本

なんというか、PSVRヘッドセットをつけたままクレジット決済するのって、無駄にサイバー感あって趣がありましたね。

ヘッドセットをかぶって、心地よい音楽とともに、ただゆったりとする。

それがこんなに癒やされるとは。ゲーム性は皆無なんですが、寝る前にヘッドセットつける習慣がつきそうな勢いです。

NORTHERN LIGHTS −極北の夜空に輝く光の物語−も悪くなかったんですが、anywhereVRの方が一場面あたりのコスパがよくて多彩性があり、音楽が仰々しくなくて好きですね。

PSVRはホラーなどの刺激的なコンテンツが多めでしたが、ここに来てゆったり楽しめるコンテンツも出てくれて、少しずつ幅が広がってきてる感じがあっていいですね。今後もいろいろな方面で、気軽に楽しめるコンテンツが充実していくことを期待します。

2016/12/11追記

VR内でスマホを動かせる機能は、iPhoneが未対応でAndroid端末のみ、とあったので諦めてたんですが、そういえばFireタブレットを持ってたな、と思っていろいろ試したところ、インストールまでは出来ました(ただし動作できず。詳しくは後述)。


FireタブレットはAndroidベースではあるものの、GooglePlayなどが使えないように制限がかかってるので、通常のままだと大抵のアプリがインストールできません。だからといって脱獄っぽいことをやるのも気がひけたんですが、比較的簡単な方法が紹介されてたので試してみました。

かなり詳しく書かれてるので悩むところはないと思いますが、注意点があるとしたらGoogleアカウントをどう使うかですね。iOSと違い、同じGoogleアカウントで複数端末を紐付けた場合、すでにダウンロード済となって他端末で使えない、といったケースがあるみたいです。

どうするか悩んだ挙句、LINEのアカウントを取得するときだけ使ったアカウントを使い、Googleサービスへのログインはいつものを使う、みたいなことをやってみました。すると大抵のアプリは問題ないんですが、GoogleChromeやGooglePhotoなどで問題が発生してしまいました。

複数のGoogleアカウントを追加して、アプリによってどれを使うか変更できるだろうと甘く見てたんですが、その方法が見つかりませんでした。初回にGooglePlayを起動させて設定したアカウント以外、追加する方法が分かりません。普通のAndroid端末には存在している「設定→アカウント」というメニューが、Fireタブレットには見当たらないのです。Amazonアカウントの設定だけしか項目が見つけられませんでした(出来るのかもしれないですが……)

まぁそこは本来の目的ではないのであっさり諦めて、動きそうなアプリだけインストールして、使えたらラッキーくらいの感覚で臨むことにしました。GooglePleyの設定が終わって使えるようになったら、ストアで「anywhereVR」と空白なしで検索すれば、このアプリがヒットすると思います。

anywhereVR - Google Play の Android アプリ

インストールして、アイコンが出るようにはなったんですが、PSVRで試してみたところ、残念ながら使えませんでした。


アプリの説明にも書いてるんですが「タブレット端末での動作は保証しておりません。」とあるんで、Fireタブレットだからという以前に、タブレットそのものがダメっぽい感じですね。残念。

とはいえ今回の件で、今までiPhoneしか持ってなかったんで諦めてた、念願のスーパーリアル麻雀Rを遊べるようになったのは収穫でした。できればPSVRの癒し空間で脱衣麻雀をする、という極上の癒し体験をしてみたかったんですが、まぁそれは贅沢すぎますかね。

といった試行錯誤がおわり、本来のanywhereVRを改めて遊んでみたところ、ゲーム性ないと思いこんでましたが、釣りゲームがありますね。ペルソナ5の釣りとかと違い、割と気楽に遊べる割に、100種類も魚が居るみたいなので、意外と遊べそうです。ついでにツイッター連携もしながら遊んでみました。


知人が「洗濯機が回ってるだけの追加コンテンツが欲しい」と発言されてるのを見て、暖炉で火が燃えてるだけのコンテンツ出たら即買うんだけど、と思ってたら知らぬ間に実は買ってました。


ちなみに暖炉だろうが釣りゲーが遊べました。シュール。

遊ぶ前は画像が荒くなりそうと思ってたんですが、実際体験してみると風景画だとそんな気にならないし、360度のつなぎ目がまったく分からなくて自然なので、とにかく心地よいコンテンツですね。このアプリにはかなりいろいろな可能性を感じるので、今後の追加コンテンツにも期待します。
ファイナルファンタジー15が発売されたので、おにぎりに心を奪われた身としてはダウンロード版を購入してのんびり遊んでいるわけなんですが、それはそれとしてえらく気になるゲームが発売されちゃったんですよ。


ACE OF SEAFOOD | Wii U | 任天堂


遥かな未来の海、人は姿を消し、魚や蟹は光線を放ち、戦っていた。
今、目覚めた貴方もまた海産物だ。

まず初めに、海産物になりたいという、ヒトなら誰しもが持つ欲望を曝け出してください。(公式サイトより抜粋)


なんというか控えめにいっても、電波だと思います。

俺も昔はソダンやデスクリムゾンを嗜んでた身ですから、ちょっとこの存在は無視できないな、と思ってさっそく遊んでみました。もう怖いもの見たさしかない。

自分でもどうなるか分からないので、タイトル画面からずっと録画しながら遊んでたんですが、なんかもう最初から圧倒されて、チュートリアル終わった直後くらいでプレイを終えてしまいました。とりあえず初回プレイを動画にしてみたので、アップしてみます。



以下、心の中のツッコミを羅列してみました。動画を見てから読んでいただいた方が、俺の気持ちが分かっていただけるかと。みんなにもおすそ分けしたい、この戸惑い。

  • 鯛の口からビーム?!

  • 戦艦もシーフードだったんだ?!

  • 俺の素性って、イワシか鮭か伊勢海老のどれかなんだ……

  • せっかくだから、俺はこの赤い伊勢海老を選ぶぜっ!(赤くない)

  • かっこよさげなナレーションだけど、冷静に考えると全然意味がわかんない

  • 『この世界では多くの生物が射撃能力を持つ』

  • わからない

  • 『この世界では多くの生物が射撃能力を持つ』

  • わからない

  • 『この世界では多くの生物が射撃能力を持つ』

  • わかる(ここはオープンワールド・ダライアス! そう思うことにした!)

  • 『生物は種ごとに異なる複数の能力を持っている』

  • わかる(何もわかってないけど)

  • わかる(何もわかってないけど)

  • わかる(何もわかってないけど)

  • わかる(何もわかってないけど)

  • 脱皮をしただけで足が生えたっ!!

  • 繁殖? 遺伝情報?

  • とんだっ?! ビームサーベルの反動でっ?!

  • なんかよく分からんけど、疲れたのでちょっとやめとこう……

  • えっ、まだ五分しか経ってなかったの?


どんなエンディングが待ってるか想像もできないんで、FF15と並行してのんびり遊んでいこうかと思います。なおバグがあるらしいので、パッチ来るまでは遊ぶ時は注意した方がよいみたいですよ。


わかる ▶わからない
<< < 1 2 3 4 5 6 7... > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM