Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > ゲーム > Page.3
<< < 1 2 3 4 5 6... > >>
先日は海外PS4版を予約購入しましたが、今回は海外(北米)ニンテンドースイッチ版を予約購入しました。発売日当日になるまで遊ぶことは出来ませんが、購入すると自動的に事前ダウンロード可能となっています。

※2018/05/29追記:購入後の感想を書きました。買って良かったです!

購入完了

購入方法の記事本文に入る前に、お約束の一文を書いておきます。

この記事の方法については全て自己責任でお願いします。
発売日は5月3日らしいのですが、4月29日に届いたので使用感を書きます。

Switch用 USBコントローラPro Lite (レッド)
Switch用 USBコントローラPro Lite (レッド)

アンサー
Nintendo Switch
2018-05-03



先に結論を書くと、プロコンに不満がある人が買うのはやめた方が無難です。プロコンで操作性に不満がある人を満足させる出来ではありません。
Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit - Switch
Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit - Switch

任天堂
Nintendo Switch
2018-04-20



バラエティキットのメインどころを作成し終えたので、日曜日を利用してロボットキットを作ってみました。目安時間が180〜240分(3〜4時間)とかなりの大物ですので、途中で休憩を挟むか、別々の日に少しずつ作ったほうがいいかもしれないですね。


発表時から相当面白そうと思ってましたが、実際に触ってみると想像以上に出来が良くて、任天堂の玩具会社としての全てをぶつけてこられたという気分です。

我が家の場合、基本的には息子に一人で作ってもらいつつ、横でパパが見てて危ないところは指摘する、という感じでメインの4(+1)個を作り終えたので、その感想を書いてみます。
ネット対戦でラグかった時の切り分け用に、お互いにどこまで対策してるのかという点をチェックするため一覧化してみました。

ある程度わかってる人向けに書いてるので、あまり詳細までは書きません。意味が分からない単語が出てきたら、ググって勉強してみてください。

ラグい時はまずは自分の環境が本当に大丈夫なのか疑う、というのがセオリーだとは思いますし、常にその意識は必要だとは思います。とはいえ自分は完全に問題なくて、相手がまったく対策してくれてなかった場合など、無駄な時間になりかねないかなぁ、と。

まずはどこまで対策してるか切り分けしていければと思う次第です。たとえばこのURLを元に「12番までは対策できてるけど、それ以降はやってない」とかいった使い方を想定しています。
俺達の世界わ終っている。 - PSVita
俺達の世界わ終っている。 - PSVita

レッド・エンタテインメント
PlayStation Vita
2017-11-09



『ライフオブストレンジ』や『ゼノブレイド』のタイトル画面をみたとき、特に根拠はないのに「これは名作だろう」と感じて、実際遊ぶと素晴らしい出来だった、という思い出があります。本作のタイトル画面を見た時も似たような感触があり、これは面白いだろうと期待して遊びました。

最終的にトロフィーをコンプするくらい遊びこんだので、かなり面白いテキストアドベンチャーだと思います。昨年発売されたゲームの中でも上位に入るくらいの面白さだと思ってるし、もっと沢山の人に知ってもらいたい作品ではあるんですが、手放しに他の人に勧めるかと言われると、ちょっと疑問に思えてしまう部分があるのも確かです。
※記事後半にネタバレありのエンディング考察があります。

ファークライ5
ファークライ5

ユービーアイソフト株式会社
PlayStation 4
2018-03-29



発売日直前まで存在を知らなかったんですが、敵役となるカルト教団の記事を見かけ、そのリアルさがかなり気になりました。しかもパッケージからして一部の方面にかなり挑発的で、すごい存在感です。

最後の晩餐

アメリカの国旗を敷き、最後の晩餐を模すかのごとく12人の信者の中心にいるのがファーザーと呼ばれるカルトのリーダーなんですが、カリスマ性が凄かったですね。

どう話に収拾つけるのかが気になってしまい、このシリーズ初だったこともありゲームとしても新鮮に楽しめたので、自分にしては珍しく毎日遊んでクリアしました。クリアしてしまいました……
Steamのアイテム交換をやったので、備忘として書いておきます。

PS4のトロフィーや実績とは別に、Steamにはトレーディングカード(以降トレカと略)という収集要素があります。ゲームしてるともらえるSteamのアイテムなんですが、これをゲームごとに全種類集めるとバッジに交換できます。

しかしながら困ったことに、トレカは絶対に一人では集められない仕様になっているようです。仮にバッジのために10種類のトレカが必要だったとしても、一人では5枚しかトレカが集まらない(しかも同じ種類が重複することもある)みたいな感じになります。まぁ名前にトレードって言葉が含まれてますしね。

そういうわけで、バッジ入手のためにトレカを全種類集めようとすると、他人と交換したり貰ったりということが必要になるわけです。マーケットでのリアルマネーでの売買も可能のようですが、いづれにせよ自分ひとりで集めるのは不可能となります。

試行錯誤しながらやってみましたが、いろいろと制限事項やルールが多く、初見では戸惑うことが多かったですね。
PLAYSTATION 3(40GB) のサテン・シルバー(型番:CECH-H00SS)を10年近く使ってました。

PLAYSTATION 3(40GB) サテン・シルバー CECHH00SS
PLAYSTATION 3(40GB) サテン・シルバー CECHH00SS

ソニー・コンピュータエンタテインメント
Console
2008-03-06



最近はPS4を主に使っていて、ほとんどPS3の電源をつけていなかったんですが、新しいアケコンを試そうとスト3OEを遊んでいたところ、突然画面がブラックアウト。PS3の電源ボタンを押しても赤く点滅するだけで、色々試しても一向に改善しません。

これはまさか……と思ったら、まさしくYLOD(赤ランプ点滅故障)の症状でした。不幸中の幸いで、たまたまディスクは入れてなかったので助かりました。基盤を変えない限りは復旧は無理そうなので、修理を申し込もうかと思いましたが、すでにこの機種は修理受付が終わっていました

PSプラスに加入してるので、セーブデータなどは別本体に移行しても復旧が可能だとは思ったんですが、中古の本体に手を出すのは止めようと思いました。前の持ち主が不正ツール使ってた場合、問答無用にSENアカウント自体がBANされるそうです。今のアカウントだとPS4で100以上はダウンロード版を購入してるので、これら全てが使えなくなるのは痛すぎます。

ネットを見るとなんとか自分で頑張って修理してる人たちを見かけましたが、そこまでやる気力がありません。非公式ですがPS3の修理屋さんのジャンクマンを発見しましたので、自分でやるリスク考えるとこちらのお店がいいかもしれないですね。値段も当時の公式と変わらない感じですし、手先が不器用な自分がやるよりはマシな気がします。
今まで使ってたPS4用のアケコン(リアルアーケードPro.V HAYABUSA)なんですが、基本的には良い作りなんですけれど、以下の点が気になってました。

・レバーとボタンが近い
・PSボタン類が右側面にあって押しづらい
・オプションボタンを間違って押してしまう

そう思ってた矢先、次バージョンのアケコンだと改良されているということで購入しました。今年発売された最新バージョンことファイティングエッジ 刃と悩んだのですが、以下の点が気になりました。

・PSボタン類が右側面にある
・PS3では使えない
・天板が冷たくなりやすく、指紋が目立つ
・連射機能がない

こういった理由があったため、敢えてPro.Nにしてみました。



購入の決め手は以下の点ですね。

・PSボタン類が左上にあって押しやすい
・PS4・PCだけでなくPS3でも使える
・天板は普通(冷たくなりにくいし、汚れも目立ちにくい)
・連射機能がある
・レバーとボタンの距離が離れているので窮屈でない
・オプションボタンを押し間違えにくい

結論から書いておきますと、これはいい買い物でした。小さな不満点もほぼ無くなった感じですね。

唯一不満があるとしたら、PSボタンでPS4本体の電源がつけられないことくらいですが、SONY純正品以外では不可な仕様だから仕方ないですね。実質的に極めて満足のいく作りになっていると思います。
<< < 1 2 3 4 5 6... > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM