Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList
Home > ゲーム > Page.2
<< < 1 2 3 4 5... > >>
ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション(目次)

トレーニングモード(以降、トレモと省略)について紹介します。

大雑把に言うと、スト3OEにほぼ準じた内容と思っていいです。

トレーニングモード
ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション(目次)

トップメニューにはオフラインモード、オンラインモード、ミュージアム、オプションがあります。

当記事ではオフラインモードを紹介します。

トップ

アーケードモード(いわゆるCPU戦)、VSモード、トレーニングモードがあります。遊べるゲームは12種類です。
ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション(目次)

個人的には体感的な遅延を感じていなんですが(老化のせいかもしれませんけれど)、オフラインモードでも違和感を感じると言われてる方もおられるようです。

もしかすると自分が感じてない微細な違いがあるのかもしれないです。海外ロムだったり、日本と北米ではブラウン管テレビの仕様の違いもあり、そもそも海外準拠のスピードでありますし。

取り敢えず切り分けのために以下の点を考慮した上で、違和感があるのかを検討してみるといいかもしれないですね。
ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション(目次)

概ねソフトウェア的には同じなんですが、微妙な差異・OSやハード環境などでの違いはありますので、ひとつずつ記載していきます。ストアニのためにPS4本体買った人も居るようなので、PS4を最近買った人向けメモを一度見ておくのも良いかと思います。
ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション(目次)

PS4版は5/29の13時から解禁されました。なんで平日の昼間から遊んでるかについては、触れないでいただけると助かります。

解禁直前
ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション(目次)

海外版の『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション』の購入方法について紹介します。
Street Fighter 30th Anniversary Collection(ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション)の海外版が、遂に発売開始されました!

略称ですけれど、ストアニ、アニコレ、ストコレ、スト30、SF30THと色々ありますが、使ってる人の多さから「ストアニ」と表記してます(初代Xboxのアレと混同する人も居ないと思いますし)。カプコンが公式にハッシュタグ用意してくれれば、一番みんなも納得しそうなんですけどね。

ファーストインプレッション記事が長くなりすぎ、メンテナンス性や見やすさが劣化してきたため、この記事を目次として、内容ごとに別記事に分けました。主にPS4版(バージョン1.01)を元にしており、記事中の画像をクリックすれば、原寸大で別窓表示されます。
ニンテンドースイッチのスクリーンショットや動画をSDカード経由でPCにコピーしてきても、日付ごとにフォルダが作られてしまいます*1。現状ではゲームごとにフォルダを分けたい場合、手動でフォルダを作ってから移動させる必要があり、大変面倒くさいです。

そこで少しでも楽ができるようなツールを作ってみました。手動でSDカードからPCにフォルダをコピーした後でツールを使うと、ゲームごとにフォルダを作って、画像・動画をゲームごとに移動(コピー)させる、といった挙動です。なおゲーム名は自分で入力して自由に決められます。
  • 注1 : VITAだとWiFi経由でPCへスクショを持ってこれるツールが配布されてて最強です。なおPS4だとUSBメモリで手動でコピーするしかないですけれど、ゲームごとにフォルダ分かれてるからスイッチよりは楽です。New3DSだとWiFiでSDカードにアクセスする機能があったので、スイッチにもほしいですね……
ファミリー|ニンテンドーアカウント サポート|Nintendo

今年9月からスイッチのオンライン有料化に先駆け、本日からニンテンドーアカウントでのファミリー設定が可能になりました。

ニンテンドースイッチ本体からは設定できないようなので、Webでニンテンドーアカウントページにログインして設定しましょう。

なお特にアナウンスはないんですが、ニンテンドーアカウントページにて二段階認証も設定可能でした。最初の一回だけ設定が必要なので多少面倒ではありますが、Steamに比べると二度目以降はそのままログインできて利便性も高い*1ので、安全のために設定しておくのを推奨しておきます。
  • 注1Steamガードだとログインのたびにスマホのワンタイムパスワードの入力を求められます。認証済の機器は二度目以降のパスワード入力を省略するといったことも出来ないので、正直かなり面倒くさいです。その方が安全なのは分かりますが、安全性と利便性のバランスは難しいものだと感じますね。
先日購入したスイッチ用のコントローラーがイマイチだったので、今度は他機種のコントローラーが使えるようになる変換器を購入してみました*1



結論からいうと、購入して正解でした。スイッチOSの5.0.2にて、PS4とXboxOneのコントローラー(計3種)で動作確認しました。

2018/05/31追記:5.1.0でも大丈夫でした。

以下に詳しく書いていきます。
  • 注1 : なお似たような変換器が幾つかありますが、こちらは有線のみな上に全く動かなかったので、オススメできません。
<< < 1 2 3 4 5... > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM