Home | ArchiveList | Category | About
Home > PC > C#
1
C#でClosedXMLを使う場合、拡張子がxlsxである必要があります。

xlsxは中身がxmlなので、単純に拡張子をxlsから変更しただけでは使えないので、通常はExcel操作でxlsxへ別名保存することになります。ファイルが一個くらいなら手動でもいいですが、大量にあった場合はC#で簡単なツールを作って、一括で処理したほうが圧倒的に楽ですね。
C#でExcelを扱う場合、いくつか手法があるようですが、ClosedXMLが直感的でメモリ解放とかの手間もなくて扱いやすいかと思います。
C#のLINQ to XMLは様々なことが出来て素晴らしいですが、出来ることが多すぎてやりたいことを見つけられない時もあるので(贅沢な悩み)、備忘としてまとめました。ここではXML要素の追加・変更・削除、および対象要素の存在チェックについて書きます。
概要

世の中には、ゲームのスクリーンショットをゲームごとに千〜万枚単位で保存して、それらの画像内のセリフで全てリネームして管理してる、というスクショ仙人が存在してるそうです。す、すげぇ……


ここまでするとは、もはや修行……

呆然としつつも、この作業が少しでも楽にならないかな……と思って、C#2017でOCRツールを作ってみました。

PS4 :1920x1080
Switch:1280x 720
vita : 960x 544
3DS : 400x 240

上記のサイズの画像をいれた指定フォルダのjpg,png,bmp画像を読み込み、プレビュー表示させ、OCRでそれなりの精度で文字列を読取り、手動である程度修正してからファイルをリネームする、といったツールになります。
1
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM