Home | ArchiveList | Category | About
Home > PC > FireFox
1 2 3 4 5 > >>
FireFoxにてRSSリーダーのFeedlyを使っているのですが、少し前からRSSを新規購読しようとしても404エラーになってしまい、購読できない状態に陥ってました。今回その対処方法が分かったので、備忘として記しておきます。

(1)URL欄に「about:config」と入力

(2)browser.contentHandlers.types.でフィルタリング

(3)Feedlyの設定箇所をさがし、.uriの値を変更する

(4)FireFoxを再起動

おおまかな流れは上記のような感じですね。(3)の設定内容について、以下に詳しく書きておきます。

自分の場合、変更前はこんな感じでした(#の部分は自分で設定した順番の数値がはいります)。

browser.contentHandlers.types.#.title | Feedly
browser.contentHandlers.types.#.type | application/vnd.mozilla.maybe.feed
browser.contentHandlers.types.#.uri | http://www.feedly.com/subscribe.htm?feedURL=%s


三番目の.uriがどうも現在では使えないようです。そこで今回は下記の値に書き換えて、FireFoxを再起動して解決しました。

http://feedly.com/#subscription/feed/%s


これでRSS購読ができるようになりました。
以前、FireFoxが重くなったときに試した事が2点あるので、備忘として残しておきます。



(1)OSが64bitなのに32bit用のFireFoxを使っていないか

公式ページに書いてあるとおりです。普通に更新してると自動的に32bit版が適用されてしまうので、ダウンロードページから64bit版をダウンロードして、そのままインストールするだけで大丈夫です。



(2)HTTP2まわりのバグがあるらしいので、設定を変えておく

設定についてはこちらの記事を参考にしてください。具体的な内容を、下記に引用させていただきます。

about:config
「network.http.spdy.enabled.http2」をfalse


http2(高速 HTTP プロトコル)というのが正直なんなのか良く分かってないんですが、自分の環境だとこれだけで改善されました。結構前のバージョンから自動的にtrueにされてるみたいで、意図せずにそうなってた方も多数おられるのではないかと。

最新バージョンでは上記バグは治ってるらしいとのことですが、とりあえず自分はfalseのままにしてます(最新バージョンで知人がこの現象になってたっぽいので)。



参考になれば幸いです。
「は*ま起稿」というサイトはGoogleの検索結果で上位に出てきてしまうので、知らない人はツイッターなどでURLを貼りがちなんですが、個人的には大っ嫌いなのでサイトの名前も見たくないくらいですし、うっかりクリックしてPVに貢献して活動へ寄与するような真似すらしたくありません。恣意的に歪めた情報の切り抜きを発信して、世論や市場を操作する悪質なステマブログは、正直滅んで欲しいです。あの手のブログみて、一本でもほしいと思ったゲームありました?

そういうサイトを見たくない時のために、FireFoxだと「はちま禁止」というアドオンがあったのですが、こちらは自分で禁止サイトを編集できず、アドオン作者自身がいろいろ問題を起こしていたり*1、と使うのを戸惑うような状況でした。

そんな中はちまバスターという拡張機能のまとめがあったんですが、残念ながらGoogleChrome専用でした。FireFoxをメインブラウザにしてる自分には、このままだと使えません。というわけで、GoogleChrome用の拡張機能である「はちまバスター」をFireFoxでも使えるようにしてみたので、その方法をまとめてみました。
  • 注1 : 何があったのか知りたければ、ご自身で調べるのを止めはしませんが、あまり良い気分にはならないと思います。もし「はちま禁止作者による謝罪記事」というリンクを発見したら、うっかりクリックしないように気をつけてください。こういうことをする人がアドオン作ってた、というのがビックリですね。
FireFoxが未署名アドオンが使えなくなりそうなのでアップデートを控えてたんですが、最高度の脆弱性が発覚ということもあって、さすがにアップデートしないとまずい気がしてきました。

未だにFireFoxを使ってる理由の一つが、Easy DragToGo+というアドオン(画像をドラッグするだけで指定したフォルダに即保存)なんですが、未署名アドオンなんですよね。

そこで代替アドオンを探してたんですが、英語版ですが Easy DragToGo++ と末尾のプラスが一つ増えたバージョンがありましたので、FireFoxを最新バージョン(現時点では47.0.2)にアップデートして、このアドオンをインストールしてみました。

Easy DragToGo++ :: Add-ons for Firefox

もともと使ってたのが非公式の日本語化されたものだったのですが、こちらは英語だけになります。まぁ簡易な英語なので、すぐ使い方はわかるかと。このシリーズのアドオン共通の注意点としては、画像の端を超えるようにドラッグした場合は保存できない、というところでしょうか。画像を超えないように、画像の内部でドラッグすれば大丈夫です。

どうしても日本語版が使いたい場合、有志の方が日本語化されたものもあるので、こちらを使ってインストールしてみてください。書名あり版なので、特に何も設定を変えなくてもインストールできました。

Easy DragToGo+ SMod 1.1.7.b21 日本語署名版: 働きすぎるコンピュータ

今後のFireFoxのアップデートにより使えなくなる可能性もあるようですので、好みに応じて英語版と日本語版のどちらを使うか、検討してみてはどうでしょうか。
スーパーマリオメーカーのコースIDを手入力するのはダルい、と誰しも思うところですけれど、有志の方々が便利なツールを作られていたので、ご紹介します。



Super Mario Maker Course ID Linkifier
FireFox版GoogleChrome版

ブラウザのアドオン(拡張機能)として提供されてるツールです。導入するだけで、ブラウザ内にコースIDがあると自動的にスーパーマリオメーカーブックマークへのリンクで表示してくれます。

ツール使用例

ミーバースに限らず、ツイッターといった一般のページでも、同様に自動的にリンクが貼られる状態になります。ツイッターの場合、自動読み込みしたタイミングによっては反映されないケースもあるので、その場合はブラウザを更新して再表示させましょう。

なお同一領域に複数のコースIDがあると、最初の一つしか反映してくれないようです。またハイフンが全角だと反応しないので、ご注意を。

殆どの人には影響がないと思いますが、当ブログのように記事でコースIDを入力している場合、記事編集画面であってもコースIDが自動的に書き換えられてしまうので、結果的にコースIDが記事から消えます。アドオンの無効・有効の切り替えをするのにFireFoxだと再起動が必要なので、自分の環境ではFireFoxでブログ書いて、マリメIDはGoogleChromeで扱うといった使い分けをすることにしました。



画像読み取りツール

コース職人でもあるminimal97さんが作成されたPC用ツールです(ダウンロードはこちら)。



ダウンロードしようとすると、ウイルス対策ソフトによっては誤動作するみたいですが、特に支障はないかと思います。もしウイルス対策ソフトの影響でファイルサイズが154KBにならず中途半端なファイルになってしまう場合、一時的にウイルス対策ソフトを無効にしてダウンロードすれば良いと思います(Windows7で動作確認済です)。



コースIDを手入力する機会が多い方には、かなり有用なツールかと思います。状況によって使い分けて、短縮できた分の時間をプレイ時間に注ぎ込みたいところですね!
Amazonの商品ページでURL類を取得できる、超便利なChromeの拡張機能「AmaQuick」なんですが、FireFoxをメインブラウザにしてる自分にとっては、高嶺の花でした。Amazon開くために違うブラウザ開くというのもなんですし……

と思ってたら、FireFoxにChromeの拡張機能を使えるようにするアドオン「Chrome Store Foxified」なるものがあるじゃないですか。宗教上の理由でFireFoxのバージョンは44.0.2で敢えて止めてるんですが、今回無事にAmaQuick2.0.1が導入できました!

注意するのは下記の点ですね(こちらの記事より引用)。

なお、「Google Chrome」用の拡張機能を「Firefox」へ恒久的にインストールするには、“Add-ons for Firefox(AMO)”で署名を行う必要がある。拡張機能のインストール時に警告バーが表示されたら、その案内に従って“AMO”へのアカウント登録とログインを行い、契約に同意しよう。ログインせずにインストールすることも可能だが、一時インストールという扱いになり、「Firefox」を終了すると自動で削除されてしまうので注意したい。

警告が英語で出て、アカウント作成も署名も英語なんで、ハードル高そうですが、なんとなく直感的にできたんで、なんとなく操作していけば大丈夫じゃないかと(超てきとう)。



今回は動作確認テストのために、こちらの商品ページを開いてみましょう。

ラブプラス 姉ヶ崎 寧々 (1/10 PVC塗装済み完成品)
ラブプラス 姉ヶ崎 寧々 (1/10 PVC塗装済み完成品)

ウェーブ
おもちゃ&ホビー
2010-10-29




FireFoxの右側の方に、AmaQuickのメニューが出てきます。

FireFoxで表示


AmaQuickのメニューを拡大すると、こんな感じです

AmaQuickメニュー


URLは画像だと2個までしか見えてませんが、実際は5個まで登録ができるので、お好みに応じて変数類を入れ込んで、自分用のURL類を出力してみましょう(変数は設定タブに記載があります)。

たとえば、通常のアソシエイト付きリンクを出すなら、こんな設定になります。

http://www.amazon.co.jp/dp/${asin}/${aid}/ref=nosim/

http://www.amazon.co.jp/dp/B003TSDBHY/takehana-22/ref=nosim/

ブログなどでAmazonのリンクをよくコピペする人には、かなり有用な拡張機能かと思います。一時期はこの拡張機能のためにFireFoxから乗り換えようかと悩むくらいにお気に入りの拡張機能だったので、今回メインブラウザで使えるようになって助かりました!



2017/05/07追記

最近うまく動かないと思ってたんですが、いろいろな事情があってブックマークレット版として復活されたようです。

Amazon公式でもアソシエイト・ツールバーがありますが、細かいところを変更したかったり、独自の出力をしたい場合は AmaQuick がいいかな、と思います。

ブックマークレットなので、FireFoxでもGoogleChromeでもすぐに導入可能となってます。必要に応じて導入してみてはいかがでしょうか。
FireFoxをバージョン41.0.1にアップグレードしたところ、アドレスバー右に配置している検索窓が反応しなくなりました。文字は入力できるんですが、ENTERキーを押下しても何も起こりません。そこで以前のバージョン(40.0.3)にダウングレードすることにしました。

といっても特に難しいことは必要なくて、以前のバージョンの Firefox をインストールするにはというページに行って、以前のバージョン用のインストーラーを入手するだけです。

ページを少し下に移動すると「それでもダウングレードを望みます。以前のバージョンはどこにありますか?」という項目があり、その直下に「Firefox XX.X.X (日本語版) 」といったリンクがあります。XXの部分ですが、現在使用しているFireFoxのバージョンより一つ前のバージョンを自動的に表示してくれています。

もっと昔のバージョンが欲しい場合は、「他のバージョンと言語のディレクトリ」に全バージョン揃っているので、お好みのインストーラーを入手しましょう。たとえば、40.0.3の日本語版だと下記ディレクトリにあります。

/pub/firefox/releases/40.0.3/win32/ja/

あとはダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして実行すれば、ダウングレードがすぐに完了します。これで検索窓の件も解決したので助かりました。アドオンの対応状況などといった要素もあるので、セキュリティ的に気になるとはいえ、バージョンアップする際には注意してやるべきだな、と痛感した次第です。
購入履歴ページの入力補完用にAmaQuickを使っているんですが、Amazon側の仕様が変わったらしく、TVゲーム類は大丈夫であるものの、一番購入数が多いマンガが使えなくなってました。Chromeなら拡張機能として復活しているんですが、そのためにわざわざChromeを起動するのも少し面倒です。

購入履歴ページでの入力は、ASIN番号さえわかれば楽に入力できるようにしているので、URLからASINだけ切り取れば済む話ではあるものの、Amazon内で検索すると検索ワードも含めた長いURLになってしまって、ASINを探すのも一手間かかる状態です。Chrome起動するのとどっちが楽だろうか、と悩ましいところであります。

そこで今回、ASINがすぐわかるようにURLを短縮してくれるようなFireFoxのアドオンを探してみたところ、こういうものがありました。

PictureFox - ImageFlow for Amazon :: Add-ons for Firefox

本来はAmazonの商品画像をギャラリーとして見るのが目的のようですが(画像の左上にHDというマークが出るので、それをクリックすれば見れます)、短縮URLに自動的にしてくれるので、URLを見ただけでASINがすぐ分かるのが嬉しいところです。アドオン作る勉強でもしようか、と思っていただけに代替アドオンが見つかって助かりました。
Firefox 35に更新したんですが、その後から検索バーがうまく使えなくなりました。

検索バーで何か言葉を入力してENTERしても、URL欄には検索用のURLが表示されているものの、検索結果画面に自動的にはとんでくれません。手動でURL欄の右の更新マークをクリックすることで、検索結果画面がやっと表示される、という微妙に困った症状です。

ググっても同様の症状の人をお見かけしなかったので、自分の環境だけの問題かもしれませんが(アドオン入れまくってるし)、備忘録代わりに対処方法を書いておきます。

こちらの記事に書いてある、検索バーを新しいインターフェイスにする方法を実践しました。

  • 「about:config」をURL欄に入力してENTER

  • 「細心の注意を払って使用する」ボタンを押下

  • 「browser.search.showOneOffButtons」を検索

  • 値が「false」になっているので、クリックして「true」に変更

  • FireFoxを再起動


そうすると、検索バーが変更されて、今まで通りの挙動をしてくれるようになりました。

新しい検索バー

正直、前のインターフェースで不都合を感じてなかったんですが、こうしないとウチの環境だとスムーズに動いてくれないので、これで今後も使っていくつもりです。
Post Now browsing to Twitter for Greasemonkey

Greasemonkey用の、ツイッター投稿支援スクリプトです。ブラウザで見てるページを即座にコメントつけて投稿できるようになります。

導入方法が意外とわかりづらいと思い明日ので、詳しい導入方法を解説されている記事がをご覧になってみてください。

ショートカットのコマンドや、定型句の設定なども指定できたりするので、かなり便利ですね。
1 2 3 4 5 > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM