» ArchiveList

お知らせ /    

(2016/12/11) PSストアへ問い合わせに追記。
(2016/12/11) anywhereVRに追記。
(2015/06/22) スプラトゥーンにいろいろ追記。
1 2 3 4... > >>

2017年02月05日

7歳の息子がいる横でも平常心を保ちつつ、エロバレーことDOAX3をやってたら、息子はつぶらな瞳をキラキラさせながら「バレーだ!」「パパがんばれー!」「つなひきだ!」「ポチャーンって落ちたねー!」と大喜び。これくらい純粋な心をもってたら、この単調作業も心の底から楽しめるんだろうか。

そう思ってたら、はしゃいでる息子に反応して隣室からまみりんがやってきました。

「あーちゃん、なに喜んでるの〜?」

妻の視線の先には、半裸というかほぼ全裸の女性が。

紐みたいな水着

今更こんな画像見られたくらいで怒られるとは思ってなかったんで、普通に遊び続けてたんですが、まみりんがとんでもない事をいうのでした。

「あー、コレ、わたしがむかし着ていた水着みたいだね〜」

「え?!」

「写真もここにあるよ」

「えーっ?!」

さっそく教えてもらった日記を読んでみました。

夢嫁日記

妻は昔、とてつもないおしゃれ泥棒だったのだなぁ、と。

2017年01月14日

大したお知らせでもないんですが、購入履歴ブログを移転してブログ名を変えました。と言っても同じドメイン内で若干URLが変わっただけですけれど。

(修正前)
手にしたものを淡々と記録するよ
http://www.takehana.tv/amz/

(修正後)
→E↓E←E↑E
http://www.takehana.tv/eeee/

これを見た皆さんが「……ほんで?」と思われてるのが目に浮かびそうです。

なおURL変更に伴い、RSSも変更しています。もし購入履歴ブログをRSSリーダーに登録していた物好きな方がおられましたら、お手数ですがRSSの再登録をお願いします。

2017年01月13日

Nintendo Switch|Nintendo

遂に任天堂の次世代機こと、ニンテンドースイッチの情報が公開されました!

まぁ当然買うしかないんですけれど、まみりんに打診したら「今年の誕生日プレゼントの代わりにするなら買ってもいいよ」と言われたので、10月のプレゼントとして半年以上フライングしての購入確定です! よーし、パパ、発売日は張り切って有給使っちゃうぞ〜!

と言った感じに期待が高まってるうちに、雑感でも書いてみます。

2017年01月11日



正直なところ「売れないと連載終わります」的なツイートで知って、あまり自分の趣味にあうマンガってなかなか無かったんですよ。必死なのは分かるんですが、なんだかネガティブな印象が強いというのもあるし。だからと言って何もしないで終わるくらいなら足掻きたい、というのは悩ましいところでしょうね。


そういうわけで『悟りパパ』も取り敢えず読んでみるか、くらいの軽い気持ちで読み始めてみたんですが、驚きました。こんな面白い漫画でも打ち切りになりそうなのかと。

そして改めて思いました。どんなに面白くても、知られてない、というだけで連載が終わってしまう作品もあるのだな、と。思い返してみれば『度胸星』『死神様に最期のお願いを』『ドロップフレーム』といった作品は、かなり面白いと思うのに何故か打ち切りになりました。ちゃんと単行本も買ってたのに、続きが読めなくなった時の喪失感ときたら……

そういうのはもうイヤだなと思ったので、そう思うくらいに面白いマンガだと思ったので、拙いながらも感想でも書いてみます。

公式では「ハートフルSATORIコメディ」とありますが、まさにそんな感じですね。とはいえ未見の人にはなにそれ?って感じでしょうから(かつての自分のように)、もう少し噛み砕いて説明してみます。

悟り一年目の新人パパさんと、息子の梵くん、そしてママさんとの温かい交流が描かれてるんですけれど、セリフ回しなどが実にうまいんですよね。決して押し付けがましいところはなく、分かりやすくすんなりと頭に入るような言葉使いで、ありがたい教えを口にしているんですけれど、機知に富んだというか、ユーモアを含んでいて、言葉が暖かく柔らかいんですよ。読んでるだけで癒やされます。ピカーされた気分になります。

ここまで書いてみたところで、自分の文才ではこの魅力を伝えきれないと思ったので、とりあえず興味を持たれた方は、となりのヤングジャンプで一通り読まれたほうがよいかと思います。

現在発売中の一巻では、18話までと描き下ろしの番外編が付いてきます。WEB上で読めない話は4、5、13、18と書下ろしといったところで、ある程度はWEBでも読めちゃう太っ腹な感じですけれど、このマンガをずっと読み続けていたいなぁと思われましたら、作者さんのためにも、読者たる自分のためにも、単行本を購入されてみてはいかがでしょうか。


なお単行本を購入する場合、在庫の関係上できれば紙の方がいいみたいですが、Kindleでもお役に立てるようです。自分に無理のない範囲で購入してみてはいかがでしょうか、と思ったんですが在庫についてこんなツイートを見かけたので、やっぱ紙版の方がいいですかね。


Amazonの紙版だと在庫はあるものの2〜5週間でお届けとなってるので、ヨドバシで購入するのも良さそうですね。Kindle版買ったけど、妻に読ませるためにヨドバシで紙版を注文したら、土曜には届くようです。紙版とKindle版の違いがないか確認でもしてみましょうかね。

というわけでとりとめがなく、あまり感想そのものを書いてない気がしてならないんですけれど、とにかく周りにオススメしたいという気持ちが伝わって、となりのヤングジャンプに一人でも多くの方が見に行って、この作品をもっと知ってもらえたらなぁ、と思うばかりです。

合言葉は「仏滅はR指定」。

この言葉の意味を知りたくなったら、読もう、悟りパパ! 

そしてみんなで続きを読み続けましょう!



2017/01/14追記

ヨドバシから紙版コミックスが届いたので、Kindle版との違いを確認してみました。


電子化で手軽になった代わりに、手触りを捨てていたんだな、と思い知らされました。

収納場所の問題さえどうにかなれば、やっぱりマンガは紙がいいなぁ。

そんな事を言っておきながら、今日はKindleで4冊もマンガ買ってるので全然説得力ないですけど。

2017年01月08日

三連休は妻と息子が帰省してるので、久々にずっと一人で過ごすことになったため、せっかくだから一人じゃないと出来ないことでもしてみるかー、とは思ってたんですが、いざとなるとなかなか思いつかないもんですね。

あんまり暇なので、まみりんに「みんなが帰省中の間に、元カノに会いに行ったりしたらどうする?」と挑発してみたら、「え、ラブプラスは今カノでしょ?」と冷静に返されてしまいました。

以前まみりんに「浮気したらどうする?」て聞いたら「浮気するような甲斐性あったの?」て言われましたけど、そう言えば昔こういうことがあったしなぁ。

というわけで、前の晩にカノジョ3人とプレミアムデートで髪の長さを変更してもらってからの一度デートしてミドルに長さ固定してからの、ツイッチでクーペ観戦しながら髪型変更デートのリセットマラソンからの、PSVRのシネマティックモードで大画面でのクーペ決勝トーナメント観戦としゃれこみました!



我ながら実に有意義かつ効率的な時間の使い方だったと自負している次第です。

2017年01月04日

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

さて恒例の抱負の棚卸し、いってきます。

  • 健康管理。今年後半はほとんど残業がない現場だったので、回復するかと思ったら健康診断の結果が過去最悪。お酒を飲んでないのに、脂質代謝と肝機能が最低ランクになったため、再検査しにいくことに。運動と食事対策したうえで3月くらいに再検査して様子見という話になってるので、軽い運動を習慣化させないと。幸いだったのは、今年の冬は喉がまったく痛くならなかった点でしょうか。やっぱ残業なくて早く寝るのが一番っぽい。

  • 健康管理と似てますが、老いを実感した年でもありました。ついに老眼鏡を買って、デスクワーク時にはブルーライトカットのものを使うようにして、外出や映画鑑賞時は今までの度数のメガネを、と使い分けを行うようになりました。昔からうすうす思ってましたが、夜10時をすぎると極端に疲れてくる(というか眠い)ので、夜中にゲームやブログを書くといった能動的な行動は避けたほうがいいかも。格ゲーで夜中にネット対戦とか、もう無理かもしれない。いつか人は老いるので、老いに対して向き合って、どう対応していくかを考えていく必要があると思ってます。

  • 息子のしつけ。自分の運動不足解消も兼ねて、もっと外で疲れすぎない程度に遊ぶようにしたいです。しつけの本を色々読んで、取り入れていきたい。明るく元気なので、このままでいてもらいたいから、褒めて伸ばす方向で。たまには怒るけど、あくまでしつけの範疇内で。

  • もう11年目なんだ、ともはや感慨深い領域に達したデスノート小説執筆。妻から本当に書くとは思われてないっぽいのも致し方ないか。昨年は新作映画が公開されて、自分が使おうと思ってたルールの一つの使われ方を確認しましたが、運がいいことに驚くくらいネタがかぶってなかったので、元から考えてた方向性で続行。ただ、ネタかぶりの時にと考えてたアイデアも捨てがたくなってきたので、またしても構成を検討中。これをどうにかできれば、全体的に整理つきそう。ルートレターのシナリオ応募の時に、自分の執筆スピードなどを計測したので、それを元に計画立てていけるところまで持っていきたいです。今年は実執筆までいかなくても、設計までは済ませておきたい。

  • 感想系のブログ更新が相変わらず少ないんですが、購入ブログでスキとか積みとかも記録できるようにしたので、自分なりに整理できた感があります。例年だと今年読んで面白かったものを一覧化したりするんですが、各ジャンルごとにスキというカテゴリがあるので、何がオススメなのかがわかるかと思います(ゲームマンガ映画書籍)。とはいえ、やはり感想が全く無いのも、あとから自分が寂しい気もするので、5行前後くらいの内容であっても、その時の言葉を残したほうがいいと思った。

  • 積みゲーに関しては、昨年末に数値化して255本あるという結果が分かった途端、明らかに購入が減りました。健康診断といい、数値化されることで現実がのしかかってきた感があります。積みゲーの消化はならずとも、ひたすら増えてくだけという状況からは脱しつつあります。毎週末に積み状態の整理をするようにして、消化の計画もある程度明確に立てていけるようにしたいところです。以前は時間の余裕がありませんでしたが、今年後半はかなり自由な時間が増えたものの、ほっとくと無為に過ごすだけというのを痛感しましたので、時間の使い方を再度検討しようかと思います。時間は大事に使うべし。とはいえ息子を寝かしつけてから出ないとWiiUは遊べないけど、夜中はゲームやるには眠すぎるので、機種によっては遊ぶタイミングも検討する必要があるかも(スーパーマリオメーカーのブックマーク消化が進まないのも、この辺りが原因なので)。

  • ゲームのクリア数が少ないですが、それだけでなく小説の読了数もかなり少なくて我ながら驚いたので、こちらも消化を心がけます。ネット上の言葉をただ流し読むだけでなく、幾人ものチェックを通過した書籍などを読むことも大事ですし、言葉を組み立てる脳内の筋肉的なものが衰えてきてるのを痛感してるので。肉体だけではなく、言葉の筋トレも必要。


毎年同じことを書いているようで、少しずつ改善していってる点もあり、悪化している点もあり、といった感じですね。一見悪い結果になってるものも、引き返せないくらい酷い結果になる前に警告をもらった、と前向きに考えて対処していこうかと思います。

とりあえずは運動と食事、積みゲー消化あたりがメインですかね。あとは感想書く、小説をもう少し読む、デスノート小説の設計終わらせて執筆計画を立ててみる、といったところです。時間の使い方を全体的にもっと意識して、いろいろ出来るようにしてきたいですね。

今年も家族みんなが健康で幸せでいられますように。あとラブプラス新作が今年は出てくれますように。

2016年12月30日

√Letter ルートレター PREMIUM EDITION
√Letter ルートレター PREMIUM EDITION

角川ゲームス
PlayStation 4
2016-06-16



ラブプラスのファンで、ミステリーは大好きだし、アドベンチャーゲームも嗜む、とくれば買うしかないでしょ! だって制作陣も自信たっぷりみたいだし!

そう思いつつもシナリオ担当の藤ダリオという方の名前でググったら、すごい評判だったんですよ。悪い意味で。良い評判を探し出すほうが難しいレベル。俺が大学生だったらならともかく、社会人で一児の父でもあるので、結局手を出さずにいました。チキンと呼ぶなら呼べばいいさ。時間は大事に使うものでしょ。

そして発売した頃になると、予期してたとおり、仕事がかなり忙しくてゲームなんて全然できない状況だったのですが、たくさんのルートレターの感想見てると、あろうことか遊びたくなってきてしまったのです。これはあれですかね、カリギュラ効果ってやつですか。禁止されるほどやってみたくなる心理現象。押すなよ、絶対に押すなよ!(←微妙に意味が違う)

2016年12月29日

一時期はアトラス社が存続できないのではという事態になっていて、ペルソナシリーズが無くなってしまうのではと危惧した時期もあったので、遂にこの手でシリーズ最新作が遊べる日が来た時は感無量でした。そういう経緯もあり、お布施代わりに思い切ってアニバーサリーエディションをダウンロード版で購入しました。



シリーズ最新作とは言え、過度の期待は禁物……と自分に言い聞かせてはいたんですが、とりあえず発売日は有給休暇使って、五連休にしました。あと『ゼノブレイド』を昔遊びすぎて妻にWii本体ごと捨てられそうになった経験があったので、過去の教訓を活かし、妻に乙女ゲーを買い与えて何の文句も言われないように備えました。覚悟完了です。もう何も怖くない。

2016年12月26日

1518! イチゴーイチハチ! 1 (ビッグコミックス)
1518! イチゴーイチハチ! 1 (ビッグコミックス)

相田 裕
小学館
コミック
2015-03-30


1518! イチゴーイチハチ! 2 (ビッグコミックス)
1518! イチゴーイチハチ! 2 (ビッグコミックス)

相田 裕
小学館
コミック
2015-11-30


1518! イチゴーイチハチ! 3 (ビッグコミックス)
1518! イチゴーイチハチ! 3 (ビッグコミックス)

相田 裕
小学館
コミック
2016-11-30



『1518!イチゴーイチハチ!』3集の感想の募集が12月末日まで行われてます。


ものすごく好きな作品ですので、せっかくだからこの機会に自分もきちんと感想を書いてみようかと思います。まぁ同人誌版一巻でもそれぞれ感想を書いてはいるんですが、今思えば薄い感想にも思えたので、今度は感情を思いっきりぶつけて書いてみようかと。

応募の規約外になりそうだなーとは思ったんですが、ツイッターじゃなくてブログ記事として書き残そうかと思います。140文字はそれを書くには狭すぎる。というか数えてみたら5509文字あったので、40ツイートも連投する覚悟があるのかと言われたら、さすがにムリっす。

2016年12月25日

もう十年以上前に残してたメモから、なんとか記憶を探りつつ、感想を書いてみます。

MOTHER3
MOTHER3

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
2006-04-20



紆余曲折あり一時期はもう発売されることはないのでは、と思われた作品ですが、遂に手にする時がきました。MOTHER3出演応募のあとに開発中止ときて、GBAで開発再開と聞いた時は、本当に驚きました。

ゲームシステム的には装備画面が間右、アイテム受け渡しめんどう、行く順番がわかりずらい、敵が強いといった欠点ぽいものはあるものの、他のゲームにはない強烈な個性があって、それを味わうためにゲームをしている、といった感覚でした。

普段はRPGで戦闘シーンがきらい、と言ってるくらいなんですが(じゃあなんでRPGしてるんだと)、本作においてはとある場所だとポストを見て回るため、セリフを聞くために敵にぶつかって行ってましたね。セリフ一つ一つに糸井重里氏のセンスが込められていて、言葉を味わう楽しみがありました。

テレビじゃない箱、ドアノブ、など色々考え込まれてるシーンがありましたね。死の概念を避けてきた今までのMOTHER2に比べるとけっこう欝ですね。MOTHER2と同じノリで遊ぼうと思ってたら、序盤からガツンとくる辺り、「今までと同じと思うなよ」と暗に宣言されてるように感じたものです。

演出的には、ラストまぎわでけっこう驚かされたり、エンディングは簡素すぎるようでいてあれはあれで想像力がますので、なんだかんだで良い演出だったと思います。いろいろな隠喩が含まれているという風にも勘ぐれる余地があるというか。

奇妙で、おもしろい。そして、せつない。

キャッチコピーの通りだと思います。本作については、MOTHER2を遊んだ子どもたちが、大人になってから受け取ったビターな贈り物、といった風に受け止めています。

当時は思い入れが大きすぎて何を書いていいか分からず、そのままメモだけ残して十年たってしまったわけですが、やはりその時の感情を言葉にして書き留めておいた方が良かったなぁ、と思ってしまいました。

今でも面白かったという漠然とした想いは忘れてませんが、その時に感じたものをそのまま勢い良くぶつけるべきだったのだと。まぁそれ言い出したら、MOTHER2はラストで唯一泣いたゲームということしか覚えてなくて、記事にすら書けそうにないですし。というか当時はネットも触ってなくて、ブログに感想を残すという習慣すら無かったので、仕方ないといえば仕方ないんですが。

いろいろ書いてきましたが、はっきりと言えるのは、自分の心の中に残った、大好きなゲームの一つであるという点です。WiiUのVCでシリーズ全部購入済なので、そのうち息子が大きくなったら遊ばせてみて、どんな感想を言うのか聞いてみたいところです。その日が訪れて、親子ともども楽しめる日が今から待ち遠しいです。
1 2 3 4... > >>
▲ Page Top