Home | ArchiveList | Category | About
» ArchiveList

お知らせ

(2018/04/17) リンクを大幅に整理(関連サブカテゴリを削除)。
(2018/03/25) バカゲーカテゴリを追加。
(2017/04/30) ページナビなどを改修。
1 2 3 4... > >>
ラブプラスEVERYのクローズドテストに参加することができました。規約上内容を語ることは禁止されてるので詳細は何も言えないんですが、とりあえず正式サービス開始に備えてVRゴーグルを買おうと思った次第です。



あまりにもAmazonレビュー評価が高すぎて、中華サクラレビューだらけなのかと不安になったんですが、Googleで一般ユーザのホームページなどを色々調べても、やはりかなり評判がいいので買ってみたところ、かなり満足しました。

以下に買った経緯、使ってみた感想などを書いてみます。
コナミの往年の名作アーケードゲーム8本がセットになった、お得なソフトが配信されました。

コナコレ
Nintendo Switch|アーケードクラシックス アニバーサリーコレクション

なお以前からPS4でもアーケードアーカイブスとして、グラディウスなどが配信されてます。

アケアカ
アーケードアーカイブス グラディウス | 公式PlayStation™Store 日本

この記事では両バージョンの違いを大まかに記載しています。本当はPS4版で揃えて比較したほうが正確だとは思うんですが、PS4のアーケードアーカイブスで今回収録のゲームを割と所持してたので、スイッチ版にしてみた次第です(ググった限りでは、機種による差異は無さそうでした)。

なお正式名称だと長いので、今回配信された8本入りを「コナコレ*1」、アーケードアーカイブスを「アケアカ」と表記します。
  • 注1 : なんでコナミってソフト名に入れなかったんでしょうね。


商業連載からだと五年間、同人誌時代からだと十年間、ずっとずっと追い続けてきた作品(感想1感想2感想3感想4)が完結しました。

イチゴーイチハチ

自分は普段は『嘘喰い』や『エンバンメイズ』や『国民クイズ』みたいな「この先どうなるんだ?!」というパワフルな作品に惹かれる傾向があるのですが、当作品はそういった派手な作品とは全く違うものの、静かに心に何かが残る、暖かく、愛おしい魅力に溢れた作品なのです。

一巻のころは体の故障により夢を諦めてふさぎ込んでいた主人公が、高校生活で新たな目標を見つけ、少しずつ笑顔を取り戻す過程が、実に丁寧に描かれていています。地味ながらもいいセリフがたくさんありますが「リタイアしても"終わり"じゃないんだ」というのはかなりグッときました。

最終話のタイトル、最後のコマあたりは、見ていてじんわりしました。最初の同人版を読み始めたときは、自分には子供が居なかったのですが、今は47歳となり、9歳のかわいい息子が居て、緩やかながらも自らの心境の変化、受け止め方の違いが出てきたのかな、と思います。何というか、漫画の登場人物を見ていると言うよりは、自分の家族を見守っているような、そんな気分だったのかもしれません。

本音を言うともっともっと続きが読みたかったのですが、諸事情によりここで物語は終わってしまうようです。とはいえ打ち切りになったかのような印象はまったくなく、ラストに向けてしっかりと物語の区切りがつき、読後感は大変素晴らしかったです。

とはいえ、続きを今後も読めないかと言うと、まだまだ望みはあるのかもしれません。当作品の巻末の作者さんの言葉やカーテンコールを見ていると、既視感があるような気がすると思って考えてみたら、とある作品のことを思い出しました。

他の作者さんの作品なんですが『死神様に最期のお願いを』という漫画がありまして、かなり面白かったのに4巻で打ち切りになって、最終巻にこの先描かれる予定だったシーンダイジェストがあって「うわーこれは読みたかったぁー!」と思って残念極まりなかったのですが、なんとつい先日『死神様に最期のお願いをRe』としてリニューアル連載開始されたのです。

こういう事例もあるから、まだ望みは捨てなくてもいい気がしてきました。もしまだこの傑作を読まれてない方がおられましたら、ぜひ期間限定無料版が出ているうちに、一読されてみてはいかがでしょうか。



完結はしましたが、今後ジワ売れして話題になって、何かのきっかけでまた彼らに会えるのかもしれない、と願っています。

ひとまずは連載お疲れ様でした。しばらくは同人誌版から再読しなおして、この喪失感をごまかしつつ、再会の日を待ち続けようかと思います。
みんなが知りたいアミーボの秘密帰ってきたアミーボの秘密に引き続き、またまたアミーボの秘密を探る記事を書いてみました。

WiiU時代に発売された、マリオパーティー用のデイジー姫のアミーボ、なんというかスカートの防御力が圧倒的に高すぎました。はぐれメタルを超えた、圧倒的硬さ!



カ……カテエ……

まるで溶岩石のように凝り固まったデイジー姫のスカート!

しかしながら今回発売されたスマブラ用のアミーボは違います。



こ、これは期待できるかも……?
まみりんが職場で怒られたらしい。

「えーとね、売り場でお客さんにアドバイスしたんだけどね〜」

「え、アドバイスしたのに怒られたの? なんて言ったの?」
ミスター・ガラス(公式サイト)

これはとてつもない作品でした。今年が始まって間もないのに、これを超える作品に出会えるのかと思ってしまうレベルの面白さでした。

三部作の締めくくりという位置づけにあるため、できれば『アンブレイカブル』『スプリット』と鑑賞した上で『ミスター・ガラス』を見たほうが無難だと思います。

アンブレイカブル [Blu-ray]
アンブレイカブル [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
Blu-ray
2010-12-22


スプリット [Blu-ray]
スプリット [Blu-ray]

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
Blu-ray
2018-05-09



『ミスター・ガラス』は単体で見ても面白い作品ではありますが、続けて見て本作を三作目として見た方が感慨深さがかなり変わってくるかと思います。1月末には全国の殆どで上映が終わってしまうとあり、今から二作見てからというのもハードルが高いとは思います。しかし、そこまでしてでも見る価値がある傑作です。



アメコミのヒーローが日本でも浸透してきたといえるこの時期に、シャラマン監督が突きつける本作の意味は、見る人の感性を揺さぶってくるのではないでしょうか。これは映画好きな人々に是非見てもらいたい作品です。


以前の記事でもオススメしてた金剛寺さんの3巻、またしても最高すぎました。初っ端から凄かったですけど、最後まで勢いがまったく衰えないのが素晴らしい!

で、今回も鬼言語が出てきました。ネタバレ感想も書いてますので、すでに読了後で解読結果をすぐに見たいという方のみ、クリックして閲覧してみてください。



Kindle版を購入しましたが、カラーページなどもしっかり収録されていて、iPadで見ると見開きページもバッチリで、ほんと最高でした!

早く続きが読みたい〜っ!
先日、PS3本体が壊れてしまいました(いわゆるYLODという故障です)。

PLAYSTATION 3(40GB) サテン・シルバー CECHH00SS
PLAYSTATION 3(40GB) サテン・シルバー CECHH00SS

ソニー・コンピュータエンタテインメント
Console
2008-03-06



PLAYSTATION 3(40GB) サテン・シルバーというかなり昔の機種になると、もうすでに修理受付は行ってないので、PS3修理専門店のジャンクマンといった業者に頼むか、代わりの本体を入手するくらいしか選択肢がありません。

ジャンクマンでの修理料金はなかなか高く、中古本体を買うより高くなります。新品はとんでもない値段になってて、中古本体の入手も検討したのですがアカウントBANの危険性もあります。捨てアカウントを用意してログインさせて、数日間様子見をすることも考えましたが、何日試したら大丈夫なのか判断しようがありません。メルカリといった個人売買ではなく、ゲオなどならさすがに大丈夫だと思うのですが、ダウンロード版を数百本買ってる自分としてはリスク高すぎます。

ここまで考えたところで、PS3を買い直してもそんなゲームやらないなと思ってしまい、ひとまず故障したPS3本体を処分することにしました。
息子がAmazonプライム・ビデオの『スポンジボブ』が大好きなので、毎月シーズンごとに購入してたんですが、シーズン4だけ一括購入ができないので問い合わせしたんですが、今思えばかなりいい加減な内容だったので、備忘録として残しておきます。

最初に結論から書いておくと、Amazonサポートからの回答はあまり鵜呑みにせず、少しでもおかしいと思ったら再問い合わせした方がいいです(時間の無駄にもなりかねません)。
もう2019年ですけど、2018年に買ったり借りたり鑑賞したりして、良かったと思うものをざっくり書いてみます。購入ブログで各カテゴリーの「スキ」というサブカテゴリーをクリックすれば品名だけは分かりますが、それだけだと寂しいので少しは感想を書いてみます。

なお2018年よりも前に販売されたものも混じってるかもしれませんが、あくまで自分が2018年に手にした、という意味合いです。ジャンルによってはベスト10とか言えるほど数が揃うかも分からないので、順位付けもせずにただただ書き連ねていきます。
1 2 3 4... > >>
Home | PageTop | RSS2.0 | ATOM