» ArchiveList

お知らせ /    

(2017/04/19) サイト内検索をGoogleカスタム検索に変更。
(2017/03/12) ニンテンドースイッチを購入の記事を分割、追記。
(2016/12/11) PSストアへ問い合わせに追記。
1 2 3 4... > >>


ソフトの入れ替えが面倒だし、ずっと遊びそうなタイトルなので、ダウンロード版をAmazonで購入しました。WiiU版だと出来てたあらかじめダウンロードが出来なくて、発売日前日の22時からダウンロード開始という点は少し残念でしたが、特に混雑なくダウンロードできたので、まだマシですかね。
最近はPSNネットワークへのパスワードリスト攻撃が行われたり、とセキュリティ上の不安も高まってるため、ちょっとめんどくさいけど二段階認証を導入しようかな、と思ってたんですが今のままでは出来ないのでした。

というのも、SENアカウントとSONYアカウントを一度紐付けてしまうと、SENアカウントでの二段階認証が出来ないという仕様だったようです(ちなみに紐付けサービスが開始されて、かなり後になってひっそりと注意書きが追加されてました……)。

紐付け解除の方法についてサポートに問い合わせたところ、かなりたらい回しにされたりして大変だったので、備忘として簡潔に書き記しておきます。
「マニュアルや公式サイト見てもアイテムの説明とかが見当たらないよ〜」というさまよえる子羊さん達は、こちらの記事がお探しものですので、当記事を読まずに立ち去ることをオススメします。

以下ではストーリーモードを1周クリアして、フレンド対戦を2時間ほど遊んだ時点での、個人的な感想を書いていきます。
スーパーボンバーマンRの公式サイト説明書にアイテム類の説明が見当たらないので、シリーズ未経験者や久々に遊ぶ人向けにアイテム一覧を作りました。

なおストーリーモード用アイテムはは対象外とし、バトルモード用アイテムのみ掲載しています(セガサターン版のアイテム一覧はこちらになります)。

アケアカNEOGEO ワールドヒーローズパーフェクト|Nintendo Switchソフト|任天堂

ついにアーケードアーカイブスが携帯できる日が来ちゃいました!

PS4版からかなり品質には定評があるシリーズですね。携帯でもテレビでも遊べるニンテンドースイッチでの配信ということで、かなりワクワクしてる方も多いのではないでしょうか。

元のゲームをあんまり遊んでないので移植の忠実度を述べられる立場ではないんですが、画面設定の細かさなどに感動したので、そういった点を紹介します(なお記事中の画像はクリックすると別窓でフルHDサイズで表示されます)。
ニンテンドーアカウントを作った直後だと、PCブラウザで任天堂関連ページを見た時に、Miiのアイコンがまだ紐付けされてない状態だと思います。このような場合、現時点では二種類の方法でMiiを反映させることが出来ます

(1)スマホアプリ『Miitomo』からMiiを連携させる

(2)3DSやWiiUでNNIDを登録し、Miiを連携させる

結論から書いておきますと、スイッチの海外アカウントの場合は(1)のMiitomoによる連携が一番楽だと思います。とはいえ幾つか注意点がありますので、備忘録として今回苦労した点を書いておきます。

なんすか、この入院患者プレイは。こんな楽そうな遊び方みせられたら、廃人タブレットを購入するしかないじゃないですか。

おれは人間をやめるぞ!ジョジョーーッ!!
スイッチはSDXCカード(UHS-I)対応ということです。いまのところは2TBのカードは存在しないですし、満杯になった頃には今まで以上に大容量のカードが安くなってそうなので、ひとまずは128GBでいいかな、とこのカードを購入して使ってみました。今のところ特に問題ないですね。



SDカードをどれにするかが悩みどころだと思いますけれど、サンディスク社の公式ブログでカード別のロード時間などの詳しい検証記事が公開されていますので、参考になるかと思います。スイッチ本体がUHS-I*1までしか対応してないから、上位機種は意味ないかもと思ってたものの、微妙に差異があるみたいですね。予算に応じていろいろ検討してみてはどうでしょうか。

今回自分が購入したSDカードは、UHS-I(いわゆるCLASS10の速度)なので結構速いと思いますが、本体メモリがそれ以上にかなり速いらしいと聞いたので、差がでるか試してみました。

まずはボンバーマンRをeショップ購入して本体メモリへダウンロードし、オープニングまで遊んでる動画です。



つぎに同じくボンバーマンRで、今度はSDカードに保存しなおして起動してみた動画になります。



ユーザ選択してから、ダウンロード警告場面への到達時間を比較してみました。

本体メモリ:25秒
SDカード:30秒

計測誤差や、ソフト初回起動と二回目以降の起動といった差があるかもしれませんが、SDカードの方が少し遅いといった印象です。ロード時間が長いゲームは、本体メモリがいいかもしれないですね。

(次の記事)ニンテンドースイッチでの廃人プレイ
  • 注1 : Ultra High Speed Phase I
自分が購入したソフトの容量(パッチ含む)は以下の通りです。

JUST DANCE 2017(海外ソフト):12.5GB
スーパーボンバーマンR:2.1GB
1-2-Switch:1.3GB
ぷよぷよテトリスS:1.1GB
ドラゴンクエストヒーローズ(体験版):1.0GB
いっしょにチョキッとスニッパーズ:946MB
Fast RMX(海外ソフト):835MB
空飛ぶブンブンバーン:808MB
VOEZ:618MB
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(パッチのみ):216MB
アケアカNEOGEO・KOF'98:179MB
ブラスターマスターゼロ:170MB
アケアカNEOGEO・メタルスラッグ3:159MB
アケアカNEOGEO・ワールドヒーローズパーフェクト:121MB
アケアカNEOGEO・わくわく7:115MB

上記をダウンロードして、画面写真(142枚で28.0MB)を保存してると、128GBカードでは残容量が97.8GBとなりました。まだまだ余裕がありますね。ちなみに本体保存メモリーはOSしか入ってませんが、すでに空きが25.7GBとなってるので、約6GBほどOSで使ってるようですね。

なおソフトをダウンロードする時に、SDカードを挿していれば自動的にSDカードへダウンロードしにいくみたいです。ダウンロード開始時に選択するようなメニューはなくて、ブラウザなどからゲームを買うと、すぐにホーム画面にアイコンが出てダウンロードが自動的に始まってる形となります。

SDカードを挿入する前にソフトを購入すると本体メモリに保存され、そのあとでSDカードを挿入してソフトを購入するとSDカードへ自動的に保存されることになります。メモリとSDカードにゲーム本体がバラけてしまったので、SDカードに揃えてみました。

設定>データ管理>ソフトの詳細管理>対象ゲームを選択>データの整理
と操作すればひとまず本体メモリから消えてトップページにアイコンだけ残ってるので、クリックして再度ダウンロードしなおすことで、今度はSDカードへ保存されました。

本体メモリのソフトをSDカードへ移動させる操作(もしくはその逆で、SDカードからメモリへ)といったものは今のところは無さそうです。今後アップデートで追加されてほしいですね。

(次の記事)ニンテンドースイッチ本体メモリとSDカードの速度
コントローラーの左側のキャプチャボタン押すだけで、即座にスクリーンショット(画像)が保存されます(現時点では動画録画は未対応ですが、将来的にアップデート対応される予定らしいです)。

今までみたいに毎回ミーバースに接続して保存して、という煩雑な手続きはいりません(というかミーバースはスイッチ未対応です)。なお本体メモリ、SDカードのどちらに画像を出力するかは、あとから設定で変更できますし、移動も一気に可能です。

なんとPS4よりも速くて、直感的に使いやすいのに驚きました。これは嬉しい誤算ですね。画像にテキストを挿入して別ファイルとして保存もできちゃいますし、全体的に出来がよいです。画像はフェイスブックやツイッターに投稿が可能です。


現時点ではツイッターでも画像一個しか投稿できなかったり、テキスト入力でBluetoothキーボードに未対応のようなので、アップデートに期待。あとヘッドホンもついでにBluetooth対応してほしいなぁ。まぁキーボードについては、現状であってもテレビモードじゃなくて携帯モードでタッチパネル入力すれば、少しは楽になりますけれどね。

ちなみに画面保存が高速なので、ボタン連打しても全部画像を取得できます。だからSDカードを取り出してパソコンに取り込むことで、アニメGIFも簡単に作れちゃいますね。


なお携帯モード、テレビモードの両方でキャプチャしましたが、どちらも1280*720の画像サイズでした。PCで確認したらファイルサイズは平均して250Kb前後といったところですね。ツイッターにアップした画像は「:orig」指定しなくても、デフォルトの「:large」のままでオリジナルサイズ表示できてます。



テレビモードでのオリジナルサイズ画像
携帯モードでのオリジナルサイズ画像

一枚あたり250KBくらいなので、SDSXカード(128GB)を使った場合、250KB(0.25MB):128GB(128000MB)なので、理論上は512,000枚が入りそうですが、現実的にはOS上の制限で本体側だと千枚、SDカード側だと一万枚までしか保存できないようですね。

もし保存限度数を超えた場合、試してないから予想なんですけれど、3DSで写真が多くなった時の対処みたいに、SDカードを取り出してPCへ移動させて、画像一覧を表示(反映)させることで、保存可能残数を元に戻せるんじゃないかと思ってます。まぁまずは一万枚撮らないと試せないので、現時点ではなんとも言えないですね。

New3DSだと無線LAN経由でPCからSDカード内のファイルを取り扱えたので、スイッチもそのうちOSアップデートで対応してくれると嬉しいですね。FastCopyといったフリーツールを使ってもいいし、C#とか扱えるなら自分好みの使い方ができるようなツールを用意するのも楽だと思います。

SDカードの中身をPCで確認したんですが、必ず本体メモリにセーブデータは保存されるということだったのに、なぜか「save」という謎のフォルダがありました。もしかしたらこれを使えばバックアップできるのかもしれないけど、SDカードから本体メモリへ反映させる方法が無さそうですね。

本体メモリにはOSも入ってるので、ここが壊れるようならスイッチそのものが動かなくなるというくらい安全な場所なので、外付けHDDなどに保存してるよりは大丈夫な気がしますが、将来的に有料ネットサービスでセーブデータバックアップの対応してくれると嬉しいところです。

余談ですが、USBメモリをドックに差し込みましたが、特に反応はありませんでした。画像の出力先を選ぶようなところも見当たらなかったので、こちらも対応してほしいですね。まぁ無線LANで扱えたらそっちがいいですけれど、色々な方法が用意されてるのに越したことは無いと思います。DropBoxなどとの同期対応とかもよさげじゃないでしょうか。

どうしてもフルHDで画像をキャプチャしたい場合は、PCでキャプチャボード使ったり、PCレスでも動くようなキャプチャ機器を使いましょう。自分の場合はMonsterX U3.0Rとアマレコを使い、ショートカットでいつでもキーボードから画像取得できるようにしています。これならスイッチ本体のような枚数制限もないので、状況によって使い分けてみてはいかがでしょうか。この方法なら動画も録画できますしね。

(次の記事)ニンテンドースイッチのソフト容量
1 2 3 4... > >>
▲ Page Top